Oculusの創業者が「Rift」専用ゲームを「VIVE」で動かすハックを支援

 Oculusの創業者であるPalmer Lucky氏が今年の3月末に親会社のFacebookを退社したニュースは、多くの人を驚かせた。しかし、同氏はVR業界への関心を失ったわけではない。2017年6月29日、「Revive」という個人のプロジェクトに毎月2000米ドルの支援を始めたとして話題になっている。海外ニュースサイトの「Road to VR」が報じた。

・Oculus Founder Backs ‘Revive’-a Hack for Vive to Play Rift-exclusive Games-With $2K in Monthly Funding
http://www.roadtovr.com/oculus-founder-palmer-luckey-supports-revive-hack-htc-vive-play-oculus-rift-games/

 Reviveとは、HTCの「VIVE」を使ってOculusの「Rift」専用のゲームをプレイするためのソフト。個人が開発を続けているプロジェクトだ。ソフト自体は無料で利用可能。クラウドファンディングサービスの「Patreon」を通じて寄付(支援)を受け付けている。このRviveの開発者に、Palmer氏が月2000米ドルの支援を行った。

 Patreonは1回きりではなく、継続的な支援を集めるファンディングサービス。支援金額は月額で決める。そのため、2000米ドルの支援は1年継続した場合2万4000米ドルになる。

・CrossVR is creating the Revive compatibility layer
https://www.patreon.com/crossvr

 PC用のVRゴーグルはVIVEとRiftが2大勢力だ。しかし、両プラットフォームのスタンスは大きく異る。VIVEのサポートするValveの「SteamVR」はプラットフォームのオープン化を目指しており、開発者に広く仕様を公開している。一方でOculusのプラットフォームは囲い込みに近い方針で、注目タイトルをRift専用とすることもある(もっとも、オンラインストアの「Steam」では両対応のタイトルも多く販売されている)。

 つまり、Rift専用ゲームを制約から開放しようとするプロジェクトを、制約を作った本人が支援しているという構図になる。上記記事によると、Palmer氏は本件についてコメントを拒否している。

 Plamer氏の本意は不明だが、同氏も専用タイトルによる囲い込みの方針には反対だったのではないかとも考えられる。いずれにしても、Reviveの開発は安定して継続されそうだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?