VRにベセスダのビッグタイトルが登場、ただし「Skyrim」はおあずけ

 米ロサンゼルス市で、ゲーム見本市「E3 2017」が開催中だ。VRの分野でも、多くの人が待っていた発表があった。「AAAタイトル」と呼ばれる、ビッグタイトルの登場だ。

 VRはキラーコンテンツが不足していると言われている。確かにヒット作はあるものの、多くの人が「このタイトルのためにVRゴーグルを買う」とまでなるゲームタイトルは、これまでなかったのではないだろうか。新しいプラットフォームが普及するには、やはり誰もが欲しくなるコンテンツが必要だ。

 そこで期待されるのが、AAAタイトルだ。厳密な定義はないものの、高品質なグラフィックを盛り込み、大規模に開発されたゲームを指す場合が多い。販売数も全プラットフォームを合わせると1000万本を超えるなど桁外れだ。VRへ対応すれば、VRプラットフォームのユーザーが増えることは想像に難くない。

 E3 2017では、AAAタイトルを多く手がけてきたベセスダ・ソフトワークスがPC向けVRタイトルとして「Fallout 4 VR」と「DOOM VFR」を発表した。「Fallout 4」は2015年に発売した人気シリーズの最新作。続編ではなく、既存タイトルのVR版という位置付けだ。「DOOM」も人気FPSシリーズだが、こちらはリメイクではなく新しいタイトルのようだ。いずれも日本語には未対応と表記されているものの、オンラインストアの「Steam」(Valve)で予約可能だ。対応するVRゴーグルは共にHTCの「VIVE」のみ。

・SteamのFallout 4 VR販売ページ
http://store.steampowered.com/app/611660/Fallout_4_VR/

・SteamのDOOM VFR販売ページ
http://store.steampowered.com/app/650000/DOOM_VFR/

 一方で、少し残念なニュースもあった。こちらも人気シリーズの「The Elder Scrolls V: Skyrim」にもVR版が登場するのだが、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation VR」だけに対応するという。「Road to VR」の報じたところによると、いずれPC版も登場する見込みではあるものの、時期は不透明だ。

・Report: ‘Skyrim VR’ Likely Coming to HTC Vive, PSVR Version a “Timed Exclusive”
http://www.roadtovr.com/report-skyrim-vr-will-come-htc-vive-psvr-version-timed-exclusive/

 実は、Fallout 4 VRはPCのみ、The Elder Scrolls V: SkyrimはPlayStation VRのみ、DOOM VFRは両方、とタイトルごとに対応するプラットフォームがまちまちだ。開発リソースやマーケティングの事情があると推測されるが、筆者としてはマルチプラットフォームで販売しているタイトルは足並みをそろえてほしいと思う。せっかくキラーコンテンツが登場しても、対応状況が原因でユーザーが二の足を踏んでしまうのではもったいない。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?