バンナム「VR ZONE SHINJUKU」のオープン日が決定、公式サイトも公開

 2017年6月13日、バンダイナムコエンターテインメントはプレスカンファレンスを開催し、2017年夏オープン予定としていたVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」の詳細を発表した。

 VR ZONE SHINJUKUは同社が2016年に東京、お台場エリアで営業していた「VR ZONE Project i Can」の後継とも言える施設。体感きょう体を用いたリアルなVR体験ができる。今回は新宿(西武新宿駅の近く)という好立地で、建物全体を使った大規模な施設となる。3月に発表した際は夏オープン予定としていたが、今回、7月14日のオープンと発表した。公式サイトも公開しており、アクティビティの情報を確認できる。

・VR ZONE SHINJUKU公式サイト
http://vrzone-pic.com/

 また、プレスカンファレンスの様子はYouTubeで公開しているため、報道関係者でなくとも視聴できる。

・『VR ZONE SHINJUKU』プレスカンファレンス
https://www.youtube.com/watch?v=swpojVWZmu0

 VR ZONE SHINJUKUは規模が大きいだけあり、Webサイトで確認できるだけで15種類のアクティビティを用意している。「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」や「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」といった同社らしい人気作品を使ったものから、「極限度胸試し ハネチャリ」や「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」といったオリジナルのものまで幅広い。VR ZONE Project i Canで好評だった「ガンダムVR ダイバ強襲」や「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」なども用意しているという。

 料金体系も整理された。VR ZONE Project i Canではアクティビティごとに料金が設定されており、ICカードの「バナパスポートカード」に仮想通貨の「バナコイン」をチャージして支払う形だったが、VR ZONE SHINJUKUでは体験チケットを購入する形となった。

 体験チケットは1アクティビティ当たり1200円。それとは別に施設入場チケット(800円)が必要だ。ただし、Webから予約購入する場合は「1day4チケットセット」(4400円)が利用できる。これは入場チケットと体験チケット4枚のセット。アクティビティ1回分の料金が割り引きになっている。チケットは4色に分かれており、それぞれの色にグループ分けされたアクティビティから1つずつ選んで体験できる。

 VRだけでなく、プロジェクションマッピングを利用したアクティビティもある。こちらは1day4チケットセットに含まれず、料金も1000円とVRアクティビティとは異なっている。

 施設の営業時間は10時から22時。入場には日時を指定して予約する必要があるが、退出のタイミングは自由というシステムだ。予約は6月16日の12時からスタートする。この夏、注目の施設となるのは間違いないだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?