Microsoft Researchが研究中のAR眼鏡を開発、普通の眼鏡とほぼ同じサイズ

 Microsoft Researchが通常の眼鏡とほぼ同じサイズでARを実現するデバイスの試作品を公表した。これは「ACM Transactions on Graphics vol.36」の誌面で公開した「Near-Eye Display(目の近くで使うディスプレイ)」の研究で試作したものだ。

・Holographic Near-Eye Displays for Virtual and Augmented Reality
https://www.microsoft.com/en-us/research/publication/holographic-near-eye-displays-virtual-augmented-reality/

 Microsoft Researchは、AR、VRのためにNear-Eye Displayの研究を続けている。今回は複数の試作機、機能を使ってフルカラー、高コントラスト、低ノイズ、高解像度といった特性を得たという。目の焦点に合わせてピント調節をする機能もある。

 眼鏡型の試作品は、側面にある小型プロジェクターでレンズにCGを投影する仕組み。投影には「フレネルホログラフィー」技術を採用している。公開されているPDFには、レンズを通して文字が浮かび上がっていたり、CGが表示されていたりする図がある。ただ、この試作品では前述の特性を全て搭載することはできていないという。

 例えば、試作品はカラー表示ではなく、緑一色しか表示できない、射出瞳(接眼レンズを通った光の径)が小さいといった特性がある。ピント調節機能の運用にはアイトラッキング機能が必要だが、実装していないためシミュレーションで代用している。またディスプレイ技術が主題なので、位置トラッキングも搭載していない。

 完成度としては、既に製品として出荷している「HoloLens」と比ぶべくもない。ただ、試作品とはこういうものであって、こうした実験の先に先進的な製品が登場するものだ。現在のVR/ARゴーグルは、その大きさから「ゴーグル」と呼ばれている。将来的に眼鏡サイズのARデバイスが出てくれば、その呼び方を返上することになるのかもしれない。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?