Acer製HoloLens互換ゴーグルの開発者向けキットが国内予約開始、価格は4万円

 2017年5月23日と24日の日程で、日本マイクロソフトは開発者向けイベント「de:code 2017」を開催している。同イベントに日本エイサーはブースを出展し、HoloLens互換(Windows Mixed Reality対応)ゴーグルを展示した。

・de:code 2017
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2017/

 同日、日本エイサーは同ゴーグルの開発者向けキット「Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の予約販売を開始した。

 予約を受け付けているのは楽天の「Acer Direct 楽天市場店」。発売日は8月31日で、価格は4万円。送料は無料だ。今回の予約開始はあくまで開発者向けで、一般向けではない。予約ページにも「開発者の方にのみにご予約・ご購入いただけます」と注意書きが記載されている。

・【予約販売】開発者限定 Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション
http://item.rakuten.co.jp/acer-direct/5jr03ww001/

 Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディションはMicrosoftのゴーグル「HoloLens」と互換性はあるものの、単体では動作しない、ゴーグル部がシースルーではないといった違いがある。

 接続するPCの推奨スペックはCPUがIntel Core i7(6コア以上)またはAMD Ryzen 7 1700、グラフィックボードがNVIDIA GeForce GTX 980/1060またはAMD Radeon RX480搭載とかなり要求が高いが、これは開発環境のためだろう。

 Microsoftの主導するMixed Realityはまだまだこれからのプラットフォームだ。これまでは、開発環境がほしい場合は33万円もするHoloLensを購入するしかなかった。仕様は大分異なるものの、8分の1以下の価格で互換ゴーグルが買えるのは興味のある人にとって朗報だろう。

 今年の年末と見込まれている一般販売までの間に、魅力的なアプリが多く登場することを期待したい。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?