Googleが「Daydream」の新型ゴーグルを発表、今度は一体型で位置トラッキング付き

 2017年5月17日から19日の日程で、Googleは開発者向けイベント「Google I/O 2017」を開催している。同イベントで、同社はモバイルVRゴーグルの「Daydream」の新モデルを発表した。公式ブログでも発表している。

・The latest on VR and AR at Google I/O
https://blog.google/products/google-vr/latest-vr-and-ar-google-io/

 昨年発表したDaydreamは、同社のVRゴーグル「Daydream View」と対応スマートフォンを組み合わせて使うVRシステムだ。日本国内では正式に発売していないため、認知度は低めかもしれない。

 新モデルは大幅に仕様が変わっている。まず、スマートフォンを使う方式から一体型へ変更された。一体型VRゴーグルは、簡単に言うとスマートフォンの機能をゴーグルに内蔵したものだ。外部機器なしで動作するため、利用者としては分かりやすくなる。

 機能面でも、新しく「inside-out」方式の位置トラッキングを搭載する。inside-out方式とは外部機器なしで実現する位置トラッキングのこと。Oculusの「Rift」のように外部センサーを使うタイプは「outdside-in」方式と呼ぶ。

 inside-out方式は、ゴーグル前面に配置したカメラで周囲の景色を撮影し、映像から位置の変化をリアルタイムで検出する。Gooleはこの技術を「WorldSense」と呼んでいる。Microsoftの「HoloLens」やIntelの「Project Alloy」も同様の方式を採用している。

 DaydreamはGoogleの主導するプラットフォームだが、実際の製品はGoolgeではなくパートナー企業が開発、販売する。現時点ではHTCとLenovoがパートナーとして公表されている。両社のVRゴーグルは外観のイラストが公開されたが、細かな仕様や価格については不明。発売時期は今年の終わり頃の予定だ。

 これまで一体型VRゴーグルには位置トラッキング機能はないことが一般的だった。大手企業の製品が、しかも外部センサーの不要なinside-out方式を搭載するということで、今後のモバイルVRの方向性を示すものになるのはほぼ間違いないだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?