触覚フィードバックを実現する技術「Omnipulse」が「GTC 2017」でデモ、ゴムと空気で感触を生む

 2017年5月8日から11日の間、NVIDIAはGPU技術のイベント「GPU Technology Conference 2017」を開催している。Cornell's Organic Robotics Labはブースを出展し、開発中の触感フィードバック技術のデモを展示した。海外ニュースサイトの「Road to VR」が報じた。

・This Pulsating ‘Haptic Skin’ is Somewhat Creepy, Mostly Awesome
http://www.roadtovr.com/omnipulse-haptic-skin-organic-robotics-lab-virtual-reality/

 Cornell's Organic Robotics Labは米コーネル大学の研究機関。生物を参考にしたロボット工学を研究している。

・Cornell's Organic Robotics Lab
https://orl.mae.cornell.edu/

 ブースで展示したのは、NVIDIAと共同で開発した「Omnipulse」という技術デモだ。これはゴムシートの内側に空間を設け、空気で膨らませることで手に押されたような感触を与えるというもの。HTCの「VIVE」とNVIDIAの「VR Funhouse」を使ったデモを披露した。

 ゴムシートはチューブ状に成形され、VIVEのコントローラーの持ち手を覆う形で装着してあった。銃の反動やパンチの当たった感触などが感じられたという。動作する様子は上記記事の動画で確認できる。

 空気を使った触覚フィードバック自体は新しい技術ではないものの、Omnipulseは比較的薄いシートに複数の空間を備え、個別に制御できる点がメリットだ。どのポイントに感触を伝えるかを制御できるため、よりVR内の行動に合ったフィードバックを実現できる。形を自由に変えられるのも特徴で、手袋やベストといった身に付けるものに内蔵することも可能だ。

 デモではゴムシートと空気を送るコンプレッサーを有線でつないでいたが、圧縮ガスを使うなどシステムをもっとシンプルにする方法はあるという。まだ初期の開発段階で、開発しているのが企業ではないこともあり、この技術を使った製品が世に出てくるのかは不明だ。しかし、VR内で体のどこに何が触れた、という感触までフィードバックできれば、さらに没入感を高められるだろう。何らかの形で製品化されることが期待される。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?