指を1本1本曲げられる、硬さも感じられる手袋型コントローラー「VRgluv」がKickstarterに登場

 手そのものを使った入力は、VRにとって非常に重要な要素になると期待されている。そのためハンドトラッキングの技術は多くのメーカーが開発している。2017年4月16日、VRgluvは同名の手袋型コントローラーをクラウドファンディングサービスの「Kickstarter」に登録し、資金集めを開始した。

・VRgluv - Touch, Hold and Interact in the Virtual World
https://www.kickstarter.com/projects/vrgluv/vrgluv-touch-hold-and-interact-in-the-virtual-worl?ref=newest

 「VRgluv」はVR内に自分の手を投影し、VRの物に触ったり掴んだりできるコントローラーだ。HTCの「VIVE」とOculusの「Rift」に対応している。

 特徴は、5本全ての指の動きを感知できる点と、独自のフォースフィードバック技術によりVR内で物に触れたことが分かる点。例えば親指と人差し指で物をつまむといったことができる。持った物が硬い、柔らかいといったことも分かるという。

 ただ、Kickstarterのページではフォースフィードバックの仕組みについて「指の動きを制限する」とだけ記載しており、具体的な構造については触れられていない。VRgluvは無線で動作し、PCやVRゴーグルとケーブルでつなぐ必要はない。内蔵バッテリの駆動時間は4時間。

 位置トラッキングの機能は備えておらず、小指の外側にHTCの「VIVE」用コントローラー、「Tracker」、Oculusの「Touch」コントローラーのいずれかを取り付けて利用する。両手に装着する場合は両方に取り付ける必要がある。

 支援のプランは複数あり、399米ドルでVRGluvの製品版を両手用1セット受け取れる。数量限定の割り引きプランや複数個のまとめ買いプランもある。期間は5月26日までだ。

 目標金額は10万米ドルだが、初日にもかかわらず本記事執筆時点で3万5000米ドル以上も集まっている。日本への発送も送料20米ドルの追加で可能。ただし無線機能を使用しており、日本の技適に関する記述はない点は注意が必要だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?