積木製作、労働災害をVRで体験できる「安全体感VRトレーニング」を発売

 株式会社積木製作は19日、VR対応の安全教育ソリューション「安全体験VRトレーニング」の発売を開始した。

 建設業など危険な作業を伴う職場での人材育成を目的としたVRコンテンツ。現実では体験が難しい墜落や落下、挟まれ、火傷などの労働災害をVRで体験することで安全意識を向上させることが狙い。

 第1弾のコンテンツとして今回は「建設現場における仮設足場からの墜落」が販売される。実際に歩いて体験することの重要性から、HTC VIVEのルームスケールに対応している。

 同社は今後も様々な職場に対応するコンテンツを開発し、四半期ごとに数コンテンツを追加していく予定。現在は鉄道業界における労働災害の一つである「蝕車」を体験できるコンテンツを開発中という。

 また、同社では本コンテンツを監修するパートナー企業も募集中。パートナー企業が監修したコンテンツは通常よりも安価な価格で購入可能になるという。

・安全体感VRトレーニング
http://tsumikiseisaku.com/vrox/vrtraining/

この内容で送信します。よろしいですか?