「Rift」のシステムで「Tracker」を使う人物が現れる、思わぬ方法でRiftの機能を拡張

 HTCのトラッキング用センサー「Tracker」は、様々な使い方ができるのではないかと期待されているアクセサリーだ。しかし、Oculusの「Rift」のシステムで使おうと考えた人は少なかったのではないかと思う。あくまで実験的な試みではあるが、それを実行した人物が現れた。OKatBestのIvan Mathy氏だ。海外ニュースサイトの「UploadVR」が報じた。

・Developer Sticks Vive Tracker On Oculus Rift, Enables Foot Tracking
https://uploadvr.com/developer-sticks-vive-tracker-oculus-rift-enables-foot-tracking/

 Ivan氏は実験の様子を自身のTwitterで公開している。TrakcerがOculusの開発環境で認識し、トラッキングできているのが分かる。

 加えてVIVEの付属コントローラーも使え、Oculusのコントローラー「Touch」と共存できたと報告している。VIVEのコントローラーを足に付けることで足のトラッキングも可能だったという。

 これを実現するには、Oculusのシステムの他にVIVE用のベースステーションが必要になる。共に赤外線を使うため、干渉を避けるための工夫が必要になるとしている。

 OculusはRift用にTrackerのようなアクセサリーを提供していないため、Riftの新しい使い方が開けたように見える。ただ、2種類のトラッキングシステムを混在させるため干渉に注意が必要になる点、Trackerを使うのであればそもそも初めからVIVEを使えばいいという点など、実用性には疑問が残る。

 もっとも、UploadVRによるとIvan氏自身がこれを「ただの実験」と位置付けている。一般ユーザーにすぐに恩恵がある内容ではないが、Riftの拡張性の可能性が示されたと考えれば、とても興味深い話だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?