立体パズルのようなCardborad互換VRゴーグル「LiftVR」がKickstarterに登場、メキシコ発

 耐久性に優れるとうたうCardboard互換VRゴーグル「LiftVR」がクラウドファンディングサービスの「Kickstarter」に登場した。投稿したのはメキシコのGameUp Studio。立体パズルのように組み立てる方式で、バラバラの状態に戻すのも簡単だ。

・VR 3D lenses - disarm type puzzle Impact resistant and water
https://www.kickstarter.com/projects/octavioinventor/vr-3d-lenses-disarm-type-puzzle-impact-resistant-a/description

 Kickstarterの紹介動画を見ると、いきなり車のタイヤの下敷きになるところから始まる。潰されても組み直せば元通り、水洗いもできるというのが売りだ。素材が水に強いため、防水のスマートフォンを使えば水中での使用も可能。

 機能としてはシンプルなCardboradタイプで、レンズの位置調節はできない。持ち運び用の袋が付属しており、バラバラにしてコンパクトに持ち運びができる。底面には穴が設けられているので、そこから指をいれてスマホを操作できる仕組みだ。

 支援プランは複数あり、200メキシコペソでゴーグルを1個もらえ、400メキシコペソでゴーグルを頭に固定するためのストラップが追加される。2017年3月29日時点で1メキシコペソは5.84円なので、それぞれおよそ1200円、2400円だ。日本への発送にも対応しているが、送料が120メキシコペソと本体価格を考えると割高だ。目標金額は3万メキシコペソで、期間は4月18日まで。がっしりしたVRゴーグルがほしい人は検討してみるとよいだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?