Trackerの意外な使い方、「猫」をトラッキングして衝突事故を回避

 VRゴーグルを装着している際、多くの場合はヘッドホンも使っているだろう。周囲のことが何も分からなくなるため、あらかじめ片付けておくことはとても重要だ。ただ、家具は範囲外に寄せておけばよいが、実はまだ問題がある。ゴーグル着用者が接近に気付かないということが分からない、幼い子どもや室内で飼っている犬、猫などのペットだ。

 それを解決するため、英国の小さなゲーム開発会社Triangular Pixelsが対策に乗り出した。海外ニュースサイト「UploadVR」が報じた。

・Bring Your Cat Into VR With This Awesome Add-On
https://uploadvr.com/bring-cat-vr-awesome-add/

 方法はシンプルで、HTCのトラッキング用アクセサリー「Tracker」を装着可能なジャケットを作ることだ。同社は4人のスタッフ全員が猫を飼っているため、まず猫用のジャケットに取り掛かった。ルームスケールのエリアに猫が入って来るとTrackerが反応し、警告を出す。将来的にはペットをゲーム内に表示できるようにもしたいとしている。

 同社は想定している要件として、室内を自由に歩き回るペットの動きを阻害しないこと、着脱が簡単にできること、どこかに引っかかった場合は安全に外れることなどを上げている。Tracker自体はとても軽いので、今のところテストは順調に進んでいるという。

 写真は同社のブログからの引用。下記ページに別の写真もある。ページ内にある動画は実際に猫にぶつかってしまった例だ。5分10秒付近で画面右から猫が入って来ている。

・World’s First VR Tracked Cat! Vive Tracker VR Pet Hacking(Triangular Pixelsの公式ブログ)
http://www.triangularpixels.net/cms/development/worlds-first-vr-tracked-cat-vive-tracker-vr-pet-hacking/

 Trackerをゲーム内で使うアクセサリーとしてではなく、危険を察知するために使うという発想が面白い。開発は始まったばかりでどのような形で製品化するかはまだ分からないが、ニーズは十分にありそうだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?