Microsoftが「Spectator View」を発表、「HoloLens」上の映像をキャプチャー可能

 2017年2月13日、Microsoftは「HoloLens」の新しい機能「Spectator View」を公式ブログで発表した。HoloLonsを通して見える景色をキャプチャーするための機能だ。

・How-to: Spectator View, a new tool to help others see what you see in HoloLens
https://blogs.windows.com/devices/2017/02/13/spectator-view-new-tool-help-others-see-see-hololens/#8TVuiUXeFdrz1JKM.97

 ARやMR(Mixed Reality)は素晴らしいものである一方、それを人に伝えるのは難しい。MicrosoftはHoloLensの発表以降、世界中でそのようなフォードバックを受けていたという。そこで開発したのが「Mixed Reality Capture」の技術だ。HoloLensを通して見ている映像を動画として保存できる。

・Microsoft HoloLens: Uses for Spectator View
https://www.youtube.com/watch?v=DgIHjxoPy_c&t=6s

 ただ、ゴーグルの機能のため、キャプチャー処理をゴーグル自体が実行する必要がある。また頭の動きによって映像が安定しない場合もある。そこで「spectator view camera」と呼ぶ、別のHoloLensゴーグルと一眼レフカメラを使ってキャプチャーする機能も備えた。これにより、MRを含めた写真の撮影、録画、動画のストリーミングができる。spectator view cameraを複数用意すれば、様々なアングルから同時に撮影することも可能だ。

 ただ、spectator view cameraを使用するための環境のハードルは決して低くない。まず、HDMI出力に対応したDSLR(Digital Single Lens Reflex camera、一眼レフカメラのこと)に加え、HDMIキャプチャーユニット、またはHDMIキャプチャーボードを搭載したPCが必要になる。さらにHoloLensゴーグルを一眼レフカメラに固定するためのアダプターが必要になる。HDMIキャプチャーユニットは市販されているが、固定用アダプターは公開されているCADデータから自分で作るしかない。強度を確保するためアルミで制作することが推奨されていたりと、気軽に試すのは難しい。

 Microsoftはspectator view cameraを使用する環境についても動画を公開している。

・Microsoft HoloLens: Building a Spectator View Rig

 これまでのHoloLensを使ったプレゼンテーションは、視聴者へ思ったようにアピールしにくい部分があった。しかしspectator view cameraを使えばより見せたいものを見せられるようになり、活用の幅が広がるだろう。HoloLensゴーグル自体が30万円以上するため導入のハードルは高いものの、次世代のプレゼンテーションの姿が見え始めてきたと言ってもよさそうだ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?