「PlayStation VR」再販時の行列を海外メディアが報道、ただし海外でも品薄は変わらず

 2017年1月26日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは「PlayStation VR」の追加販売を行った。2016年の10月13日の発売以降、常に品薄の状態が続いているのはVRに関心のある人なら誰でも知っていることだろう。追加販売の当日は、通販サイトでは即完売し、店頭でも行列を作った。購入できなかった人も多数おり、まだ生産が追い付いていない状況が明らかになったと言える。

 日本国内での追加販売で行列ができた現象を、海外のニュースサイト「Kotaku」と「UploadVR」が報じた。発売日から3カ月が経過した後の追加販売なのに、行列を作ったことに驚いたようだ。

・Today In Japan, Hundreds Of People Lined Up For....PlayStation VR
http://kotaku.com/today-in-japan-hundreds-of-people-lined-up-for-play-1791646092
・Three Months After Release, People Are Still Lining Up for PlayStation VR in Japan
http://uploadvr.com/playstation-vr-lining-up-japan/

 それでは、海外では在庫が豊富で問題なく購入できるのだろうか。残念ながらそんなことはなさそうだ。参考のため、世界中で通販を展開しているAmazonの販売ページを確認してみたところ、米、英、独、仏でいずれも在庫切れの表示だった。Amazonマーケットプレイスでいくつかの販売店が販売しているが、いずれも割高になっている。通販の最大手の一つであるAmazonに在庫が無い状態であれば、地元の販売店も同様か、あっても豊富というわけではないだろう。発売当時はサポート面での不利を承知で海外版を購入するという人もいたが、今ではそれも難しそうだ。

 PlayStation VRはこれまで何度か追加販売が行われており、供給が止まっているわけではない。しかし、少なくとも国内ではまだ発売後すぐ欲しいという「アーリーアダプター」の人にすら行き渡っていない状態だ。カプコンの「バイオハザード7 レジデント イービル」などキラータイトルも登場しており、早く潤沢に流通することが期待される。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?