世界一安いVRコントローラーを紹介。A4の紙に印刷するだけ

 VR体験は非常に面白いもの。ただ、高額な環境が必要という高いハードルがある。それに対する面白いアプローチが登場した。VRコントローラーを印刷するという方法だ。ニュースサイトの「VR SCOUT」が報じた。

・Create Your Own VR Controller With Just A Piece Of Paper
http://vrscout.com/news/create-vr-controller-paper/

 印刷すると言っても3Dプリンターを使うわけではない。普通に、紙に印刷するだけだ。作者のWebサイトにある画像をA4用紙に印刷し、2つに折るだけでVRコントローラーが完成する。コントローラーの名前は「PaperStick 2」。筒状に組み立てる「PaperStick 1」も公開されている。

 作者は韓国のコ・ジョンミン氏。作成したコントローラーは、同氏の作成したAndroid用アプリ「Poppist VR for Cardboard」でのみ利用可能だ。必然的に対応環境はAndroid搭載端末だけとなる。アプリ名の通り、VRゴーグルはGoogleの「Cardboard」に対応する。

・PaperStick.net(作者のWebサイト)
https://sites.google.com/site/gameplusvr/

・Poppist VR for Cardboard(「Google Play」のアプリのページ)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.GP.V1

 Poppist VR for Cardboardは銃で風船を割り、得点を競うというゲームだ。印刷したコントローラーを端末の背面カメラに映すと、ゲーム内の銃が連動して動作する。下の画像のように、指を所定の位置に動かすと発砲する仕組みだ。VR SCOUTによると、書かれている特定の文字列を読み取って、コントローラーとして認識しているという。文字で認識しているため、真正面から角度を付け過ぎたり、すばやく動かしたりするとトラッキングできなくなるようだ。

 スマートフォンを使ったVRでは画面をタッチできないため、入力をどうするかという重要な課題があった。比較的高価なスマートフォン用ゴーグルは無線コントローラーが付属しているが、Cardboardをはじめとする安価な製品には付属していない。PaperStick 2は、現時点ではジョークグッズ、もしくは実験段階に見える。しかし入力デバイスを安価に、簡単に提供するという意味では、コンテンツ制作者にとって画期的なアイデアとなるのではないだろうか。

 作者のコ氏は、使い方の動画をYoutubeで公開している。

・A paper controller for VR Cardboard

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?