「第3回 ウェアラブルEXPO」開催-ロボット遠隔操作、眠気チェッカー、ペット用センサや電飾コスプレも

 ウェアラブル端末の活用と技術の総合展「第3回 ウェアラブルEXPO」が、2017年1月18日(水)~20日(金)の日程で、東京・有明の東京ビッグサイトにて開催中だ。主催はリードエグジビジションジャパン株式会社。業界関係者のための商談展で、一般入場はできない。

 展示は各種デバイスの並ぶ「端末ゾーン」、クラウドやIoT/M2Mソリューションなどの「IoTゾーン」、各種アプリやシステム、コンテンツ、HMDを中心とした「AR / VR ゾーン」、そして「開発技術ゾーン」に分かれている。そのうちいくつかをご紹介する。

■メガネ型ウェアラブル端末を使ったロボットの遠隔操作

 株式会社メガネスーパーは、発表されたばかりのメガネ型ウェアラブルグラス「b.g.」と、ソフトバンクのロボット「Pepper」を使った遠隔コミュニケーションをデモしていた。

メガネスーパーブースは大人気

メガネ型ウェアラブル端末「b.g.」。コンセプトは「視点の拡張」

メガネスーパー「b.g.」を使ったPepperの遠隔操作

 ロボットベンチャーのアスラテック株式会社によるロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper」を用いたソリューションで、操作者は裸眼による目視と同時に、視野の隅にテレビのワイプのように重畳されるPepperのカメラの映像を同時に見ることができる。離れた場所にいる相手ともフェイス・トゥ・フェイスの接客ができるようになるという。

Pepperはジョイスティックでコントロール可能

■ペットの気持ちをセンサーで解析

 株式会社Anicallは、ペットにつけて心拍や行動などのバイタルを取得し、ペットの状態をクラウド上で解析してスマフォで閲覧する「anicall」を出展。人目を集めていた。

ペットの状態がスマフォでわかる「anicall」

「anicall」。首輪の部分がセンサー

GPSも搭載しており、ペットがどう動き回ったかわかる

■ウェアラブル用メガネフレームの提案

 鯖江のメガネフレーム企画デザイン会社・株式会社ボストンプラグによる「ネオプラグ」は、メガネとウェアラブルデバイスの着脱機構の提案。必要に応じてメガネのテンプルにデバイスをつけ外しできる。

ボストンプラグ「ネオプラグ」

着脱機構の提案

 ただし、任意のメガネフレームにつけられるわけではない。この着脱機構を特許として、他社フレームにも展開していきたいと考えているとのことだ。現在、クラウドファンディングで支援を求めている。

■自動作曲音楽による脳の活性化

 大阪大学COI拠点はヘッドホン型ワイヤレス脳波センサをつかって、計測した脳波の反応から自動で作曲を行うことで脳を活性化するという研究成果を出展。ユーザーに最初に聞かせる曲と脳波の関係を機械学習することで、曲の特徴を指定せずに自動作曲するという。詳細はこちら

脳波から自動作曲した曲で脳を活性化するという

■伸縮配線材料を使った電飾コスプレ

 ヤマハ株式会社とカジナイロン株式会社はウェアラブル用途の伸縮配線材料を衣服で提案。導体に繊維形状の導電材料を用いており、変位による抵抗値変化量が極めて少ないストレッチャブルな配線を実現できるという。

 この手の繊維はスポーツ用などが提案されていることが多いが、今回両社は電飾コスプレに応用した例を出展していた。

ウェアラブル用 伸縮配線材料を使った服

3Dプリントされた篠笛を吹く紅桜ゆとさん

手首につけた赤外線マーカーに同期してディスプレイ上にエフェクトが出る。エフェクト演出はCRESCENTによる

加速度センサーも組みあわせて、繊維の曲げや腕の動きに反応する電飾コスプレ

着用者は詩花望愛さん

■眠気チェッカー、コンパスストーン、除草ロボットなど

 そのほか、画像で紹介する。

菱電商事株式会社が扱っているウエストユニティス社のメガネ型ウェアラブル「InfoLinker(インフォリンカー)」のプレゼン。歯科医が歯の中を見ながら治療するといったことが行われているという

株式会社テレパシージャパンのARグラス「Telepathy Walker

Kenpal株式会社の眠気予兆感知サービス「ドライブスコア

脳波とスマホをつかって、本人が自覚する前に、眠気を感知し、本人や運行管理者にメールで通知する。運行履歴も記録されていて、眠気を感じがちなルートなどもわかるという

道案内を光る石で行う「COMPASS STONE」。KickStarterで支援を求めている

エプソンのシースルー両眼タイプのスマートグラス「MOVERIO」。工場内の様々なソリューションやエンターテイメントへの応用をアピールしていた

なぜかウェアラブルエキスポに出展されていた福井工業大学、福井高専、株式会社シマノによる除草ロボットの試作

Reported by 森山和道

この内容で送信します。よろしいですか?