「VIVE Tracker」対応ガンコントローラーがさっそくクラウドファンディングに登場、ライフル型とピストル型の2種類

 1月上旬に開催した家電見本市「CES 2017」でHTCが発表したトラッキング用センサー「VIVE Tracker」。これにより、VR用周辺機器の開発をしやすくなるをことが期待される。さっそく対応製品がクラウドファンディングサービスの「Indiegogo」に登場した。

・PP Gun: VR Controller for HTC Vive Shooting Games
https://www.indiegogo.com/projects/pp-gun-vr-controller-for-htc-vive-shooting-games#/

 「PP Gun」は銃の形をした、いわゆるガンコントローラーだ。ファンディングを始めたのは中国のShenzhen Simeng Tech(IndiegogoのページではPPGUN Simengとなっている)。HTCのオフィシャルパートナーの1社で、PP Gunのサンプル版をCES 2017のHTCのブースに展示していた。

 今回Indiegogoに掲載したのはライフル型とピストル型の2種類。モーターを内蔵し、ゲーム内で銃を撃った際に反動を感じられるという。マガジン部はバッテリになっており、容量は7800mA/h。反動を有効にした状態で7時間、無効にすると20時間以上動作するとしている。ピストル型は銃身が斜めに回転し、変形させて刀剣型のコントローラーとしても使える。

 両製品ともトリガー以外にもボタンを搭載しているようだが、Indiegogo上の解説では触れられていない。

 支援のプランは複数あり、158米ドルでピストル型コントローラーとTrackerのセット、338米ドルでライフル型コントローラーとTrackerのセットがもらえる。その他、それぞれ割安な限定数プランと5個セットのプランがある。目標金額は2万米ドルで、期間は1月16日時点で残り2ヵ月となっている。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?