普通のゴルフクラブがVR対応に!? HTCが手の平サイズのトラッキング用アクセサリーを発表

 2017年1月5日、米ラスベガス市で家電見本市の「CES 2017」が始まった。これに合わせ、HTCは「VIVE」のアクセサリを2種類発表した。

 1つ目は「Tracker」。名前の通り、動きを検知(トラッキング)してVR空間に反映させられる。寸法は直径99.65mm、高さ42.27mm、重量は85gと小さい。Trackerそのもので何かをするのではなく、野球のバットやゴルフクラブなどに取り付けて使う。例えば、野球ゲームであれば実際にバットを振ってプレイできるようになるわけだ。

 VIVEに付属するコントローラーでも同様のことができるが、Trackerは小さいため周辺機器に取り付けがしやすい。HTCがYouTubeで公開した動画では、VR内を自由に撮影できるカメラが登場していた。

・Introducing Vive Tracker ft. dotdotdash
https://www.youtube.com/watch?v=j3dRGoD_EXQ

 周辺機器のメーカーも、トラッキング機能を内蔵する必要がなくなるため開発が容易になり、コストを下げやすくなるだろう。

 2つ目は「Deluxe Audio Strap」。VIVEに取り付けるヘッドホンだ。耳あての位置を変えたり、後頭部のダイヤルでサイズを調節したりと、頭にフィットさせるための機能を搭載している。ゴーグルと同時にヘッドセットを装着できるので、準備の手間が減らせるのは便利だ。

 両製品はいずれも2017年の第2四半期に発売する予定。価格は未定だが、公式ブログによると近く発表するとしている。

・VIVE Unveils New Accessories and Subscription Service at CES
https://blog.vive.com/us/2017/01/04/vive-ces-2017/

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?