「VIVE」「Rift」両対応の無線化キットがCES 2017に登場

 1月5日から米ラスベガス市で開催される家電見本市「CES 2017」で、HTCの「VIVE」とOculusの「Rift」を無線化するキット「KwikVR」が登場する。メーカーは仏Scalable Graphics社。3D関連のクラウドサービスを提供している企業だ。

 VRゴーグルの無線化キットと言えば、TPCASTの製品が記憶に新しい。しかし、TPCASTの無線化キットはVIVEのオプションであり、Riftには対応していない。今回のKwikVRは、おそらく初めてRiftへの対応をうたったキットだ。

 KwikVRはゴーグルに接続するアダプタとPCのHDMI端子につなぐドングル、そして「WiFiルーター」を使う。同製品の特設サイトがあるものの具体的な使い方の解説がなく、これ以上のことは分からない。PCには2個のアイテムをつなぐ必要があるようだ。

 アダプタの重さは約1ポンド(約450g)。1万6100mAhのバッテリを内蔵し、4時間動作する。本キットを使ってもゴーグルの画面解像度には影響がなく、Viveなら1080×1200ドットの90Hz×2そのままで利用できる。PCとの通信は5GHz帯を使う。無線化による遅延は上乗せする分が12ms以内に抑えられているという。

 現時点では、発売時期や価格、日本で販売するかなどは不明。しかし、先行しているTPCAST製のキットも国内での販売は不透明だ。VRゴーグル、特にRiftを持っている人には注目の製品と言えるだろう。

・KwikVRの特設サイト
http://kwikvr.com/

この内容で送信します。よろしいですか?