Cerevo、VR空間に手足の動きを入出力可能な触覚デバイス「Taclim」発表

 株式会社Cerevoは1月4日、世界初の触覚センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim(タクリム)」を発表した。米国で5日より開催される「CES 2017」で実機を展示する。発売は2017年秋頃、価格は10万~15万円程度を予定している。

 Taclimは手で握るグリップ状のグローブ部と、足に履いて利用するシューズ部分から構成されるVR用デバイスで、合計8個のタクタイル・デバイスを内蔵し、VR空間の映像や音声に合わせたフィードバックを使用者に与えることができるようになっている。これによってVRゴーグルによる視覚・聴覚情報だけでなく、両手両足の感覚を加えることができ、VRの世界をより深く体験することができるとしている。使用されているタクタイル・デバイスは、日本電産セイミツ株式会社と協業して開発されたもの。

 Taclimには9軸センサーも内蔵されており、手足の動きをVR空間内に入力するデバイスとしても使うことができるため、同社では「VR用入出力デバイス」とも呼んでいる。

 開発環境はUnityプラグインに対応。WAV形式のファイルにより感触データを作成することもできる。

 CES 2017の展示ではプロトタイプを公開し、ゲームメーカーのジェムドロップ株式会社がPlayStation VR用ソフトとして1月末にリリースする予定の「ヘディング工場 (英題: Headbutt Factory)」を元にTaclim用として開発した「Taclim demonstration with Headbutt Factory」を体験できるという。

 Taclimは安価にTaclim環境を実現する「Bluetooth Edition」と、大規模イベントなど無線が混雑する環境でも安定して使用できる920MHz帯に対応する「Sub-giga Edition」の2モデルが用意される。充電方式はMicro USBで、利用時間や約2時間(2秒に1回振動した場合)。充電時間は約3時間。

 本体サイズはシューズ部が290×100×140mm(幅×奥行き×高さ)。グローブ部が50×50×147mm(同)。重量はいずれも未定。

この内容で送信します。よろしいですか?