完全自動のVR体験マシン「セルフVRステーション」の展開にドスパラが協力

 株式会社ドスパラは、株式会社デジカと協業し、米Valveが開発した完全自動VR体験マシン「セルフVRステーション」の全国展開をサポートすると発表した。体験できるのはHTC VIVE対応のVRコンテンツだ。

 通常、VRを店舗などで体験するには、専門のインストラクターが体験のサポートに付くことが多いが、セルフVRステーションは、インストラクターなどが居なくてもユーザーが自分で事前予約し、店頭でVR体験できるのが特徴。このため人員の問題でVR体験コーナーを設置できなかった店舗でもVR体験を提供できる機会が増えるという。

 ドスパラはデジカと協業することで、運営ノウハウの提供と、セルフVRステーションの完全国産化を進めるためのサポートを行っていく。

 国内初のセルフVRステーションとして2016年12月27日(火)からTSUTAYA 馬事公苑店での運用がすでに開始されている。今後も順次、全国で展開が開始される見込み。

・TSUTAYA 馬事公苑店
東京都世田谷区上用賀2-4-18 コリーヌ馬事公苑1F・2F
http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/2207.html

この内容で送信します。よろしいですか?