スマホのVRでもジェスチャー操作可能に-Leap Motionが新プラットフォームを発表

 2016年12月5日、Leap Motion社は、同社のハンドジェスチャーのプラットフォームをモバイル向けに展開すると公式ブログで発表した。

 Leap Motionは同名のハンドジェスチャー用センサーユニットを開発、販売しているメーカーだ。VRが登場する以前から製品を販売してきた。今回はモバイルのVR、ARデバイス向けに、ハードとソフトの両方を新しく開発した。これを「Leap Motion Mobile Platform」と呼んでいる。

 同社のハンドジェスチャーがどういうものかは、以下のページの動画を見ると分かりやすいだろう。同社のWebサイトのギャラリーコーナーだ。

・Leap Motion社のWebサイト
https://developer.leapmotion.com/gallery/category/vr

 PC用の従来のセンサーは140度×120度の範囲しかカバーしていなかった。しかしVRではより広い範囲が求められているため、新プラットフォームでは180度×180度に対応した。ソフトの面では、より正確に、スムーズに動作させるためおよそ10倍高速化させたという。

 今後は、VR関連のイベントでSamsung Electronicsの「Gear VR」に取り付けたデモ機を公開するとしている。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?