「VLC media player」が360度動画に対応、プレビュー版が利用可能に

 「VLC media player」はVideoLANが公開しているフリーソフトの動画プレーヤーだ。多くのコーデックに対応しているため、普段使いのプレーヤーとして利用している人もいるだろう。

 2016年11月25日、VideoLANは公式Twitter上でVLC media playerが360度動画の再生に対応したと発表した。開発には360度カメラメーカーのGIROPTICも協力している。現在は特設ページでテクニカルプレビュー版がダウンロード可能。次のメジャーアップデートとなるバージョン3.0で正式な機能になる見込みだ。

・VLC 360度 Technical Preview
http://people.videolan.org/~jb/Builds/360/

 対応動画を再生している間、マウスで視点の操作ができる他、ズーム、「リトルプラネット」、「リバースリトルプラネット」と表示方法を変えられる。以下の画像はサンプル動画で各表示方法を試した結果だ。1枚目が通常、2枚目がリトルプラネット、3枚目がリバースリトルプラネット。マウスのホイールを回すとズームイン、ズームアウトできる。通常の状態でマウスをドラッグすると視点移動だ。ズームアウトした状態で上にドラッグするとリトルプラネット、下にドラッグするととリバースリトルプラネットに変化する。両者はループする形で相互に変化するので、操作して見え方が変わっていくのを見るだけでも楽しめる。

 現在はWindows版とMac版のみだが、Android、iOS、Xbox oneにも対応する予定だ。また2017年にはOculusの「Rift」やHTCの「Vive」、Googleの「Daydream」といったプラットフォームにも対応するだろうとしている。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?