「Vive」を無線化!中国で公式の無線化アダプターが登場

 VRはPC、スマートフォン、専用端末など色々なデバイスで体験できる。しかし処理性能の問題で、現状最も高品質なVR体験ができるのはPCとなる。しかしPC用VRゴーグルには他と比べてデメリットがある。ケーブル配線だ。それを解消する可能性を持った周辺機器を中国のHTCが発表した。

 これはTPCASTというメーカーの「Vive」無線化アダプター。通信方法など細かな製品情報は見付からなかったが、PC側の送信機とVive本体に取り付けるアダプターのセットのようだ。製品名は特になく、「ワイヤレスアップグレードキット」としている。

 注目すべき点は、ViveのメーカーであるHTCが公式ページで発表していること。HTCが問題なく動作すると確認しているということであり、HTC自身による開発ではないとはいえ信頼できる。

 PCのVRが高品質なVRを実現できるのは、ゴーグルから独立した大型の端末で処理をするからだ。高解像度のVR用映像を描画するのには高性能なPCが必要で、その映像をVRゴーグルに送信するには広い帯域が必要になる。従来は高解像度の映像を遅延なくゴーグルに送るにはケーブルが必須だった。しかしそのケーブルのせいで一方向に回り続けられない、足を取られて転ぶ恐れがあるなど、弱点になっていた。無線化できれば文句なしに最高の環境になるだろう。

 価格は1499人民元(2万3000~2万4000円)。中国で現地時間の11月11日、午後11時より予約が開始され、2017年第1四半期に正式な発売となる予定だ。残念なことに、これは中国のみでの販売となり、日本国内どころか中国以外で販売するかどうかも不明だ。

 本件を報じたニュースサイト「UploadVR」はHTCの中国リージョナルプレジデント、Alvin Wang Graylin氏にインタビューを行っている。UploadVRによると、無線化による遅延はないとのこと。内蔵バッテリで1時間半動作し、後日、ポケットに入れて使う形になる大容量バッテリも発売する予定だという。

UploadVRの記事はこちら。
・Exclusive: HTC Vive Goes Wireless With $220 Add-On, Pre-Orders Start Friday
http://uploadvr.com/htc-vive-wireless-kit/

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?