Futuremark、VRゴーグルが無くてもベンチマーク可能な「VRMark」を正式リリース

 Futuremarkは、VR環境を想定したベンチマークソフト「VRMark」を11月3日よりSteamで発売を開始した。

 Steamでは無料版の「VRMark Basic Edition」と、有料の「VRMark Advanced Edition」(1980円)が用意される。有料版は11月11日までの期間限定で25%引きの1485円で購入可能。

 PCの3D性能を計測する定番ソフト「3DMark」のVR対応版。HTC ViveなどのVRゴーグルを持っていなくても計測が可能で、VRゴーグル購入前に自分のPCでどのくらいのパフォーマンスが出るか目安を知ることができる。

 無料版では3DMarkでもおなじみの「FireStrike」も登場するベンチマークである「Orange Room」が利用できるが、有料版ではSFチックなオブジェクトが多数配置され、より負荷の高い「Blue Room」が利用できるほか、ベンチマークスコアのローカル保存機能など各種機能が追加される。

有料版で追加される「Blue Room」

この内容で送信します。よろしいですか?