Xiaomiがコントローラー付きで約3000円のVRゴーグルを発表

 2016年10月25日、中国のスマートフォンメーカー、Xiaomiは中国国内で大規模な製品発表会「2016 Mi Product Launch」を開催した。そこで発表されたVRゴーグル「Mi VR」を紹介する。

 MI VRは同社製のスマートフォンと組み合わせて使うVRゴーグル。VRに興味のある人なら、似たソリューションとしてGoogleの「Daydream」を思い浮かべるのではないだろうか。実際、コンセプトはとてもよく似ている。

 特徴は、遅延を16msに抑えたモーションセンサーを内蔵したこと。スマートフォンベースのVRゴーグルとしては最高クラスだとしている。さらに9軸モーションセンサーを内蔵した無線コントローラーが付属する。

 何より魅力的なのは価格だ。199人民元なので、日本円に換算すると3000円程度。日本国内で買える同じ価格帯のVRゴーグルにはスマートフォンとの連動機能はなく、コントローラーも付属しない。

 また「MIUI VR」(MIUIは「ミーユーアイ」と読む)というVRプラットフォームも発表した。既に500以上の映像、30以上のアプリがあるという。200以上のディベロッパーが参加しており、コンテンツを充実させていくとした。

 一つ残念なことは、MI VRの国内発売予定はまだないこと。対応スマートフォンの「Mi Note 2」「Mi 5s」「Mi 5s Plus」「Mi 5」も国内では販売していない。ただ、海外とは言えこれだけの低価格で高機能をうたうVRゴーグルが発表されたことは大きい。さらなる低価格化と普及が広まることに期待したい。

 発表会の様子はYouTubeにアップされている。VRゴーグルの話題は1時間辺りから。中国語と同時通訳の英語音声のみで、音ズレがあるため少し分かりにくいが、興味のある人は見てみるとよいだろう。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?