VR内の物を触れる! Microsoft Researchのコントローラーがスゴい

 Microsoft Researchの作ったVR向けコントローラーが話題だ。上の写真はコンピューター科学の国際学会「ACM(Association for Computing Machinery)」の主催するシンポジウム「UIST(User Interface Software and Technology)2016」(10月16~19日)で発表された試作品。VR内の物体を触れるようにするコントローラーだ。

 発表ではアプローチの異なる2種類のコントローラーを披露した。「NormalTouch」と「TextureTouch」だ。解説動画があるので、そこから引用して紹介しよう。

 NormalTouchは円盤の傾きで物体の形状を指にフィードバックする。動画ではテーブルに乗ったボールの上を指が通る様子を映している。曲面に合わせて円盤が持ち上がったり傾いたりして、指がそこを通ったと感じさせる。物体の硬さをプログラムしておけば、壁が固く、風船が柔らかいといったことを感じることも可能だ。

 TextureTouchは16本の棒が出たり引っ込んだりして物体の表面を再現する。より細かく形を感じることができる。

 動画には指先でボールを転がすシーンがある。これはとても印象的で、操作している人はボールに触れたこと、押した結果指からボールが離れたことが分かっている。これは現在のVRではできないことだ。例えばHTCのViveでは、VR内の何かに触れた際にコントローラーが震えて知らせることしかできない。同じことをした場合、ボールに触れたことは分かるが、どのくらい強く当たったのか、抵抗がどのくらいあったのかなどは分からない。これが表現できれば、よりインタラクティブなコンテンツが作れるようになる。

 これらのコントローラーはあくまで研究で試作されたもの。使えるのは人差し指だけで、コントローラー自体も大型だ。もし製品化するのであれば課題は多い。しかし、遠くない将来、本当にVRで物を触れる日が来るかもしれないと期待させてくれる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?