博報堂がAR技術のkudanと提携、「hakuhodo-VRAR」を設立

 2016年10月18日、博報堂と博報堂プロダクツはAR、VR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」を設立したと発表した。

 hakuhodo-VRARは博報堂の持つ「高いクリエイティブ力」と「戦略、企画力」に加え、博報堂プロダクツの「デジタル技術」や「映像編集技術」などを利用してVR、ARを活用する。クライアント企業に対し、新しい手法のマーケティングやプロモーションを提供できるという。

 設立に伴い、AR技術の面でkudanと提携する。kudanは「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」という、画像やセンサーから位置の推定と環境地図の作成を同時に実行する技術を搭載した「Kudan Engine」を開発している企業だ。

 環境地図とは、空間のどこに地面や壁がある、といった情報のこと。環境地図があると、例えばCGの車を画面内に表示する際、地面に違和感なく接した場所に配置できる。従来はアプリが認識する目印となる「マーカー」を配置して実装していたが、SLAMはマーカーなしで動作する。下図は技術デモの映像の一部。物体を画面内に入れると、それを元に環境地図を作成しているのが分かる。

 マーカーなしで動作するため、場所を選ばず下の画像のように違和感なく車を出現させられる。実寸大で表示できるため、近付いたり中に入ったりもできる。環境光を認識して反映し、CGの色味を変えるといったことも可能だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?