東京ゲームショウ2016レポート【VRコンテンツ編】

 2016年9月15日から18日の日程で「東京ゲームショウ2016」が千葉県千葉市の幕張メッセで開催された。東京ゲームショウは国内最大級のゲームイベントで、ゲームや周辺機器を開発する企業が最新情報を発表する場となっている。

 2016年は「VR元年」と言われる。HTCの「Vive」とOculusの「Rift」といったVRゴーグルが発売となり、高価ではあるものの家庭でVRが楽しめるようになったためだ。さらに10月にはソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PSVR」の発売も控えており、VR体験がより身近になっていくと期待されている。

 これを受け、東京ゲームショウ2016ではVR専門のコーナーを設けた。気になるブースを写真を中心に紹介しよう。

 大きなブースで出店していたのはVRゴーグルメーカーのHTC。コンテンツのメーカーとタイアップし、複数のタイトルを体験できるようにしていた。目を引いたのは、グリーンシートを利用したリアルタイムのクロマキー合成だ。プレイヤーの姿がゲーム画面に合成され、ゲームの中に入り込んだように見える。

 プレイヤー本人はVRゴーグルを装着しているので、合成された画面は見えない。どちらかと言うと、これは観客にアピールする演出だ。これまでVRは本人にしか画面が見えず、周囲の人には面白さ、凄さが伝わりにくかった。今後VRはこうしたイベントなどでの露出も増えると思われ、見ている人にも魅力が伝わるようにとの工夫だろう。

 クロマキー合成を配備していたタイトルはスクウェア・エニックスの「乖離性ミリオンアーサー」、KDDIの「Linked-door loves Space Channel 5」、講談社の「Hop Step Sing!」の3タイトルだ。

 他にも、Surviosのシューティングゲーム「Raw Data」、バンダイナムコエンターテインメントの「脱出病棟Ω(オメガ)」も体験できた。

 一際目立っていたのは、Futuretownという台湾とカナダにオフィスを構えるメーカーのブースだ。こちらはスキー、乗馬、バイク、サーフィンの4種類の体感ゲームを出展していた。同社はこれらを「5D Totalmotion」プラットフォームと呼んでおり、ゲームと体感コントローラーをセットで提供する。アーケードゲームとして展開する予定だという。

 残念ながら国内での展開は未定。全身を動かすため、ゲームセンターで稼働させるには安全面の配慮がもっと必要だと感じたが、実現すれば人気アトラクションとなりそうだ。

 VRコーナーでは、ゲームだけでなく新しい技術の展示もあった。Live2DのブースではVR向けの新しい表現技術「Euclid(ユークリッド)」のデモを展示していた。

 通常、VRでキャラクターを動かすには3Dモデルを利用する。しかし、3Dモデルはクセがどうしても残ってしまい、2Dイラストとは違ったものになってしまう。そこで同社は2Dイラストを使った360度立体視を実現する技術を開発した。元のイラストにより近いキャラクターを3Dの世界に投入できるようになる。

 Euclidの動作は、プレイヤーの視点に合わせて板の面を動かすようなイメージだ。具体的には、あらかじめ複数の方向から見たイラストを用意しておき、3Dキャラクターの動きに合わせて切り替える。7種類の角度のイラストがあれば、相互に情報を補完して3Dモデル同様の自然な見え方にできるという。開発中のため、今回のデモではキャラクターの顔のみEuclidを利用し、背景とキャラクターの体は3Dモデルを使っていた。下図のように頭部のデータは分離しているのだが、デモで見た限りではキャラクターが動きまわっても違和感は全く感じなかった。

 VRコーナーには、他にも多くのブースがあった。簡単に紹介しよう。

 シーエスレポーターズのブースでは「KING OF PRISM by PrettyRhythm」と「ポッピンQ」のVRコンテンツを展示していた。KING OF PRISMはキャラクターとの触れ合い、ポッピンQはステージ上でライブを間近に見られるという内容だった。

 Magical World (Beijing) Network Technologyのブース。頭上にケーブルを回すなどVR機器のセットをコンパクトにまとめ、4人同時に体験できるようにしていた。ゲームは「Transcendent Archery Arena」という多人数用のFPSだ。同社は中国でVR用の設備一式をアーケード向けに販売している。

 PDトウキョウの「Circle of Saviors」は体感型アクションゲーム。迫り来る敵を剣でなぎ倒す。クロマキー合成によるMR(Mixed Reality)も売りの一つだ。企画営業部プロデュサーの福島一郎氏は、全てをパッケージ化して「イベント施設などで利用できるようにしたい」と話していた。

 プロダクション・アイジーのブースでは、「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」の映像と「ブレイブウィッチーズVR(仮)」の試遊が体験できた。前者はVRゴーグルだけでなく、楕円の大型スクリーンと立体視メガネでの視聴もできた。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントのRSVR体験コーナー。PSVRが32台用意され、発売前にいち早く体験できた。写真では人だかりはできていないが、当然人気がないわけではなく、昼前には整理券が全て配布終了になっていたため。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

最新の VRパラダイス 関連記事

全64件中 1〜 5件を表示