「ドスパラVRパラダイス」で気軽にVR体験をしてみよう!

・「ドスパラVRパラダイス」ってどんなトコロ?

 ドスパラによるバーチャルリアリティ体験施設「ドスパラVRパラダイス」(以下VRパラダイス)が、2016年7月にドスパラ秋葉原本店5階にオープンした。VRパラダイスはドスパラの高性能PCと、VRヘッドセット「HTC Vive」を使い、VRコンテンツを無料で体験できるスペースだ。VR未体験の人でも気軽に体験できる設備とスタッフを揃えている。今回は筆者が実際にVRパラダイスでVR体験をしてきたので、その様子をレポートしていきたい。

 場所は、青い看板が目印のドスパラ秋葉原本店。VRパラダイスがある5階には、正面右側にある別の入口から入り、奥にあるエレベーターで上がる。VRパラダイスの看板が目印だ。

ドスパラ秋葉原本店。VRパラダイスは右側の入口から入り、エレベーターで5階へ

入口にはVRパラダイスの看板があるので、こちらも目印に

 5階に上がると、VRパラダイスの受付がある。こちらでVRを体験したいことを伝えると、空きがあればすぐに体験できる。空きがない場合は、自動発券機から受付番号をもらって待つことになる。営業時間は平日が13時から20時まで、土日祝は12時から20時まで。いずれも受付は19時30分で終了となる。

エレベーターを出るとすぐVRパラダイスの受付がある

空きがない場合は自動発券機を使って受付番号をもらう

・「モバイル会員」になるとさらに便利に!

 VRパラダイス利用の際には、事前にドスパラのスマートフォンアプリでドスパラの「モバイル会員」になっておくのがおすすめだ。非会員の場合は1回の体験時間は10分間だが、「モバイル会員」になると体験時間が30分に延長される。「モバイル会員」とは、ドスパラのスマートフォンアプリでドスパラの会員登録をした人のことで、ダウンロードや登録は無料だ。モバイル会員になると、ドスパラに来店するだけで購入時に利用できるポイントがもらえるなど特典もあるので、事前に登録することをお勧めする。

 さらに月額制の「ドスパラプレミアムサービス」に入会していると、前日予約が可能。空いている時間を指定して予約できるので便利だ。

 なおスマートフォンを持っていない場合など会員登録ができない場合も、上記のとおり10分間は体験ができるので、とにかく体験だけでもしてみたい、という人も大歓迎だそうだ。

 来場手続きが済んだら、スタッフの誘導に従って体験スペースへ。「HTC Vive」は、利用者が最大3×4mの空間で移動できる「ルームスケールVR」を特徴としており、VRパラダイスでは十分な移動スペースを確保している。自宅でこれだけの広さを確保するのは簡単ではないし、なおかつスタッフが補助して安全にも配慮してくれるので、とても快適にVRコンテンツを体験できる。

「HTC Vive」の特徴である「ルームスケールVR」に対応した広いスペースを確保

体験スペースの角にある四角いものは、「ルームスケールVR」を実現する「HTC Vive」のセンサー

移動時に邪魔になりやすいケーブルを、天井から宙釣りで引っ張ってくる仕組みも用意

 VRヘッドセットの装着もスタッフが手助けしてくれる。まず椅子に座った状態で、目の周りをカバーする穴開きアイマスクのようなものを装着し、その上から「HTC Vive」を装着。眼鏡をかけたままでの利用も可能だ。ちなみにアイマスクは不特定多数の人がゴーグルを使うような場合、汚れ対策として装着する別売のアイテムで、自宅でViveを使う場合などには必須ではないが、汚れを気にする人は使ってみるのもよいかもしれない。

 続いてヘッドフォンも装着し、2つのワイヤレスコントローラーを両手に持ったら、スタッフの指示に従って立ち上がる。これで準備完了。

穴の開いたアイマスクのようなものを装着

続いて「HTC Vive」を装着。スタッフが装着してくれるのでご心配なく

ヘッドフォンも装着する

コントローラーを両手に手渡される。これで準備完了だ

・体験可能なゲームは4種類+α

 この日体験できたコンテンツは4種類。海中で様々な生物を観察できる「theBlu」、VR空間で遊べるゲーム集「The Lab」、立体空間に絵を描く「Tilt Brash」、前後左右から迫りくるゾンビを銃で倒す「The Brookhaven Experiment」となっていた。全てのコンテンツを少しずつ試してもいいし、1つのコンテンツを30分間ひたすら楽しんでも構わない。なお体験できるコンテンツは順次変更される。

 このほかスマホアプリ「潜入ゲーム」でおなじみの女子高生「ピナ」の写真をVR空間で撮りまくれるゲーム「ピナのVRフォトセッション」も体験可能。こちらは通常の体験コースにはないが、希望があれば対応するということなので、気軽に声をかけていただきたいとのこと。

「The Lab」で必死に矢を放っている筆者。仮想空間とわかっていても力が入る

theBlu

海底から巨大なクジラの泳ぎを眺めたり、深海の暗闇で岩場のアンコウを覗いたり。水中散歩を実現できる体験型コンテンツ

The Lab

VRの三次元空間を活かした新たな遊びを体験できる。両手で弓矢を引いて射る、コントローラーを宇宙船に見立てて自在に動かして戦うなど内容も様々

Tilt Brash

空中にペンやブラシを走らせ、立体的な絵を描ける。描いた後で下から覗いたり、裏に回ったりもできる。絵を描く画材や、キャンバスとなる空間も多彩

The Brookhaven Experiment

夜の公園で四方からゾンビが迫る。手に持った懐中電灯を照らしてゾンビを探し、もう一方の手に持つ銃で撃退するVRガンシューティング

ピナのVRフォトセッション

スマホアプリ「潜入ゲーム」でおなじみの女子高生「ピナ」の写真を撮りまくれるゲーム。様々なポーズを取るピナをひたすら激写する

 後は時間切れまで思う存分、VRコンテンツを楽しむだけ。動きの激しいゲームになると、両腕の操作だけでなく歩いたりしゃがんだりという動きも出てきて、結構な運動になる。VRコンテンツには自然に体を動かせるものも多いので、日頃の運動不足を感じる方にこそ体験をお勧めしたい。

 スタッフは常に近くにいるので、3D酔いや装着の違和感などがあれば、すぐに申し出てサポートを受けていただきたい。VRはコンテンツによって酔いやすいものがあるので、体調が優れない時にはくれぐれも無理はしないように。

 VRパラダイスはドスパラが運営するスペースなので、体験して気に入ったらその場でPCやVRデバイスを購入することも可能だ。興味がある方はその旨をスタッフにご相談いただきたい。逆に、体験したからと言って購入を促されることもないので安心してほしい。

「HTC Vive」やPCの他、スマートフォン向けVR機器など、VR関連のデバイスも各種取り揃えている

 なおVRパラダイスでは、グリーンバックのクロマキー撮影スペースも設けている。ここではVRコンテンツの映像に現実世界にいるプレイヤーの映像を合成し、プレイヤーがVR空間に入り込んだかのような映像を撮影できる。ただし、こちらは上級者向けとなっており、クロマキー撮影の技術を持っている人が対象となる。利用したい場合は事前にVRパラダイスへ問い合わせが必要だ。VRコンテンツの開発者がPVを撮影するのに使いたい、といった要望にも答えられるそうなので、気軽にお問い合わせいただきたい、とのこと。

 以上がVRパラダイスの概要だ。VRに興味のある方ならどなたでも歓迎ということなので、気軽に訪れてみてほしい。なお、体験できるコンテンツは今後も増やしていく予定なので、決まり次第本誌でも紹介していく予定だ。

Reported by 石田賀津男