ご予算に近いものはどれに当たりますか?

  • 約40,000円
  • 約50,000円
  • 約60,000円
  • 約90,000円
  • 100,000円以上
チェック結果へ

約40,000円

文書作成とかメールでの連絡みたいな軽度な事務作業をするならこちら!
最近はパソコン全般の性能が上がってきているから、軽い事務作業なら安価なパソコンでも十分にこなせるの。
もし、集計・計算とかをするのに表計算ソフトとかを使うのなら、もうちょっと性能の高いパソコンにすると、快適に動かせていいね。

約50,000円

お仕事で表計算ソフトをよく使うなら、この価格帯のパソコンがおすすめ!
あと、十分な作業スペースを確保できるように、デスクサイズにあったパソコンを選ぶのも、効率的に作業環境を作るコツかな。
オフィス業務用ソフトのいろいろな機能を活用したり、複雑なマクロを動かしたりしたいのなら、ワンランク上の性能のパソコンを選ぶのがいいね。

約60,000円

オフィス業務用ソフトでいろんな機能を使ったり、複雑なマクロを走らせたり、負荷のかかる処理を頻繁に行なうなら、この価格帯のパソコンだね。
高性能なCPUを搭載しているから、処理の重い操作もサクサクとこなすことができるの。
ただ、統計出しみたいに大規模なデータを扱うのなら、もっと高性能なパソコンの方がスムーズの作業を進められるよ。

約90,000円

多数のサンプルをもとに統計を出したりするのなら、この価格帯のパソコンがおすすめ!
高性能なCPUを搭載していて、メモリの容量もしっかり確保してあるから、サンプル数が多くてもスムーズに処理することができるの。
扱うデータの量が多くてストレージが圧迫されるのが心配な人は、さらに大容量HDDも搭載したモデルがあるから、そちらを見てみてね!

100,000円以上

この価格帯のパソコンは、統計出しも円滑に行なえる高い処理能力と、たくさんのデータをしっかり保存・管理できる大容量のストレージを搭載しているよ。
高性能なCPUを搭載していて、メモリの容量にも余裕があるから、軽い画像・動画編集とかもできちゃうぐらいなの。
より幅広い業務に対応できる1台が欲しいなら、この価格帯のパソコンがいいと思うよ!

前の設問に戻る チェック結果へ
前の設問に戻る