あなたにピッタリのパソコンが5分でわかる!! パソコンセルフチェック

あなたにピッタリのパソコンが5分でわかる!! パソコンセルフチェック

モット知りたい!パソコン学習塾

  • CPU
  • メモリ
  • HDD/SSD
  • マザーボード
  • ビデオカード
  • 電源
  • PCケース
  • 冷却パーツ
  • サウンドデバイス

パソコンなんでも相談所

CPU

CPUは「Central Processing Unit」の略で、全てのパソコンに必ず付いているパーツです。

車に例えるとエンジン、人間の体で例えると頭脳にあたります。

マウス、キーボード、ハードディスク、メモリー、周辺機器などからデータを受け取り、計算・処理・制御・命令などを行います。CPUの性能が高くなればなるほど、動作速度や処理速度もはやくなります。

メモリ

メモリとは、データを記憶する部品のことです。専門用語でいうと、RAM(Random Access Memory)と呼ばれています。

メモリはパソコン内の作業場所をあらわしています。しばしば、机や作業台に例えられます。

メモリが多いと、作業スペースが広くなり、それだけたくさんのことを一度に作業をすることができます。

HDD/SSD

HDDは一般的にハードディスクと呼ばれます。ハードディスクとは、パソコンのデータを保存する部品です。書類や写真など全てのデータはHDDに保存されます。

SSDは、HDDと同じデータの保存が役割です。SSDはHDDに比べて小さく静かで低消費電力であることが特徴です。更にHDDに比べデータの読み書きが早く行われます。

近年では大容量のSSDも発売されはじめており、SSDの人気があがっています。

マザーボード

全てのパソコンの中には大きな基盤が一枚入っています。それがマザーボードです。

マザーボードにはCPU、メモリー、ハードディスク、など全ての部品がつながっていてます。
パソコンの機種ごとに装着できるCPUやメモリーの種類が決っているのはパソコンごとにマザーボードが違うからです。

人間の体に例えると、神経の役割を担っています。部品が正常に繋がっていないとパソコンは正しく起動しません。

ビデオカード

グラフィックボードとは、画面出力・動画再生を担うデバイスです。
ビデオカードやグラボと呼ばれることも有ります。

グラフィックボードは人間の体に例えると目の役割を担っています。グラフィックボードの性能がよいほどモニターに映る映像は綺麗になります。

自作パソコンでは必ずしもグラフィックボードが必要というわけではありませんが、3Dゲームなどをしようと思っている方は、高い性能を持つグラフィックボードが必要になります。

電源

電源はその名の通り、パソコンを起動するための電源ユニットです。

自作パソコンで使用する電源はパソコン全体に電気を流すという大切な役割があります。電源は人体で言うと血液を流す心臓部といえます。

電源の電力供給が不安定になるとパソコンが不安定になったり・故障率の上昇につながります。

PCケース

PCケースは、「フルタワー」「ミドルタワー」「ミニタワー」の3つに大きく分類されます。基本的な構造はほとんど同じですが、ケースの大きさが異なります。

マザーボードの規格とPCケースの種類には大きな関連性があり、せっかく買ったパーツがケースに入らないということにならないよう、よく調べて購入する必要があります。

冷却パーツ

パソコンはケースの中に様々なパーツがひしめき合います。そのため高熱になることも多く、故障の原因になります。

そこで冷却パーツを取り付けることでケース内が高温になりすぎることを防ぐ役割を担います。

冷却パーツにはファンが回転する際の風で冷却する「空冷」と、水を利用して冷却する「水冷」があります。

サウンドデバイス

サウンドデバイスは全てのPCに必ず必要なパーツではありません。

より高音質で音楽を聞きたい、5.1chスピーカーを接続したいなど
パソコンから出力される音にこだわりたいときに増設します。