グラフィック機能

■グラフィック機能(グラフィックカード)

グラフィック機能を内蔵していないCPUを使用する場合はもちろん、高い描画性能が求められる最新の3Dゲームなどをプレイする場合に必要です。また、グラフィックカードを使用することで、対応ソフトでは動画の変換や写真の現像などが高速になります。映像出力端子の種類や数を増やせて複数のディスプレイに出力しやすいのもメリットです。

●グラフィックカードの性能について

主に搭載するグラフィックスチップ(GPU)で性能が決まります。基本的には演算ユニット(シェーダー)の数が多く、動作周波数などが高いグラフィックスチップが高性能です。GPUのスペックはAMDやNVIDAのWebサイトなどで確認できます。

●用途別ドスパラのオススメ

・ハイエンドグラフィックカード
NVIDIA GeForce GTXシリーズ、AMD RADEON R9シリーズ
高解像度のディスプレイで描画設定を高品質に設定し、最新の3Dゲームをスムーズに表示できる。ゲームをより美しい映像で快適にプレイしたいユーザ向き。
・ミドルクラスグラフィックカード
NVIDIA GeForce GTシリーズ、AMD RADEON R7シリーズ
負荷のかかる3Dゲームも描画設定を下げれば問題なくプレイできる。PCゲームや動画の変換などで、CPU内蔵のグラフィック機能よりもワンランク上の性能を求めるユーザー向き。