ハードディスク/SSD

■SSD / HDD (メインストレージ)

データを記録するパーツ。HDDが円盤に磁気でデータを記録するのに対し、SSDはフラッシュメモリーにデータを記録します。可動部品がないため、SSDは落下や振動などの衝撃に強く、データ転送速度もHDDに比べて圧倒的に高速です。いっぽう、HDDはSSDに比べて容量当たりの価格が安いのが魅力です。最近では高性能と大容量を両立するため、起動ドライブにSSD、データドライブにHDDを使うハイブリッド構成が主流となっています。

■SSDの性能について

メーカーが公表している転送速度は、業界で標準的に使われているべンチマークの結果をベースにした値のため、性能を判断する指標となります。ランダムアクセスが速いとOSやアプリの起動が、順次アクセスが速いとデータのコピーなどが高速になる傾向にあります。

■HDDの性能について

内蔵するディスクの記録密度が高く、回転数が速いほど、データの転送速度が高速になります。

■目的に合わせた容量選択

目的 容量
多数の動画を保存したり、複数のゲームをプレイする方 2TB以上
ゲーム、動画編集、画像編集、統計業務 1TB
Word、Excelなど日常用途 500GB

■各メーカーの特徴

SEAGATE 読み書きが速く、省電力性に優れる
WD(ウェスタンデジタル) 信頼性が高く、法人様に高い人気