メニュー

最短当日出荷! カスタマイズしても2日で出荷!

商品画像

  raytrek debut! CLIP STUDIO PAINT EX動作確認済み MX -   レイトレック デビュー クリップスタジオ ペイントイーエックスMX

ドスパラ特価:
104,980円(+税)


納期:2日で出荷 最短翌日出荷

カートに入れる

基本構成

       
OS Windows 10 Home 64bit のインストール
CPU インテル Core i7-6700 (クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1050 2GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/8GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク 【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
SSD 250GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
マザーボード インテル H110 チップセット マイクロATXマザーボード
  • Win10対応
  • DVD書込・再生
  • デュアルモニター
  • 静音電源搭載
  • カスタマイズ
  • USB3.0
  • Windows プリインストール

製品特徴

関連情報

    ジャックスキャンペーン

製品写真

※製品写真の背面パネルや内部構成は実際の製品と異なります。また製品仕様は事前の予告なく変更になる場合があります。

コンパクトでありながら、思い通りの構成を実現できる優れた搭載能力

高さと奥行きを抑え、机上にも設置しやすいコンパクトなミニタワーケースでありながら、5インチベイ×2基、3.5インチオープンベイ×2基、3.5インチシャドウベイ×2基の豊富なドライブ搭載スペースを確保しました。
光学ドライブやハードディスクの増設はもちろん、3.5インチSATAハードディスクをカートリッジ感覚で抜き差し可能なリムーバブルケースや、各種フラッシュメモリを読み書き可能なマルチカードリーダーの搭載など、用途に合わせた柔軟なカスタマイズを可能にする高い拡張性を備えています。
さらに、各ベイの構造と配置にも配慮し、各種の増設を行っても振動や歪みを発生させない高い剛性と、各パーツを効果的に冷却することができるエアフローを確保しました。

高性能グラフィックスカードも搭載可能な拡張スロット部

3Dゲームをより軽快に、より高解像度でお楽しみいただくことができる高性能グラフィックスカードをはじめ、TVチューナーカードや高音質サウンドカードなどさまざまな拡張カードを最大4枚搭載することができる拡張スロットを備えています。
また、サイズを抑えた設計ながら、LowProfileブラケット専用ではなく標準ブラケットを持つ一般的な拡張カードを搭載可能で、さらに、2スロット占有タイプのグラフィックスカードにも対応していますので、大型の冷却機構を持つ高性能グラフィックスカードを搭載してコンパクトなのにパワフルな構成も思いのままに実現可能。
多彩なカスタマイズメニューから思い思いの拡張カードを組み合わせて「あなただけの一台」に仕上げることができます。

最高のパフォーマンスと長期安定稼動を実現する、優れた冷却性能

大型ケースにくらべて内部容積が小さく、熱がこもりがちなミニタワーケースを効果的に冷却するため、背面に大型12cmファンを搭載。
前面パネル下部の吸気口から、背面に抜けるスムーズな空気の流れを形成して各パーツが発する熱を効率的に排出することができます。
これにより、内部温度を常に低く保ち、過熱による性能低下や品質の劣化を防ぐと同時に、長期間の安定した動作を実現しました。
くわえて、大型の12cmファンを採用したことで、動作時の騒音も抑えられていますので静かな書斎でのご利用や、リビングでの音楽・ビデオ鑑賞用PCなど、動作音を少しでも抑えたい用途にも最適です。

第6世代 インテル Core i7プロセッサー (Skylake)搭載

最新14nmプロセスで製造され、前世代Core i7プロセッサーが誇る卓越した演算処理能力にさらに磨きをかけた第6世代 インテル Core i7プロセッサー「Skylake-S」を搭載しました。

定格4.0GHz、ターボブースト時最大4.2GHz動作が可能な4つの物理コア + インテル ハイパースレッディング・テクノロジーがもたらす処理速度とマルチタスク性能により、オフィス業務で多数のアプリケーションを同時利用する際や、マルチスレッドに最適化された各種アプリケーションを快適にご利用いただくことができます。

また、メインメモリにも、従来のDDR3にくらべてより高速な転送が可能な次世代のDDR4メモリを採用し、膨大なデータ量を処理する必要のある4Kなどの超高解像度動画の加工なども軽快に処理します。

さらに、CPUとチップセット間の接続も、従来の5.0GT/sのDMI2.0から、8.0GT/sを誇る新世代のDMI3.0となり、PCI- Express3.0接続のグラフィックスカードやSATA3.0接続の高速SSD、USB3.0外付け機器など、新世代の高速デバイスの性能を存分に発 揮させ、新世代の名にふさわしいスムーズでスピーディーなPCを実現しました。

先進機能の数々を備える、コストパフォーマンスに優れたH110チップセット

エントリー向けながら、第6世代 インテル Coreプロセッサーの持つ先進の機能と優れた性能を存分に発揮させることができるチップセットです。

さらに、メインメモリには従来のDDR3にくらべてより高速なデータ転送が可能な次世代規格「DDR4」を新たに採用し、優れた演算能力を誇る最新世代 CPUの性能とあわせて、膨大なデータを利用する事務処理や、高解像度映像の編集といった作業もこれまでに以上に快適に処理することができます。

くわえて、6Gb/sの最大速度を誇る高速インターフェイスのSATA 6Gb/s(SATA3.0)、従来のUSB2.0から10倍以上の速度となるUSB3.0などの新世代インターフェイスなどの高速インターフェイスを備え、PCの体感速度を高速化することができる最新SSD等の増設も可能です。

クアッドコア + インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーによる 8 プロセッシング・スレッド ※

1 つの CPU に 4 つのプロセッシングコアを搭載し、それぞれのプロセッシングコア上でスレッドレベルの並列性を実現する「インテル®・ハイパースレッディング・テクノロジー(HT)」を搭載。OS からは 8 コアとして認識されるこのテクノロジーにより、動画や音楽のエンコード、RAW 画像の現像や、ウイルススキャン・バックアップなどのバックグラウンドプログラムが動作している状況での作業がより快適になります。


※ ハイパースレッディング・テクノロジーは Core i7 のみの搭載です。Core i5 には搭載されません。

さらなる高クロック動作で快適に。

マルチスレッドに非対応のプログラムや、同時に起動しているプログラムが少ない場合など、スレッド数よりも動作周波数が必要となる状況では、稼動コア数を減少させた上で動作クロックを引き上げる「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」を搭載。従来、マルチコアプロセッサの弱点とされてきた少タスク時の動作をこの技術によって克服し、どのような状況でも快適な動作を実現します。さらに、今回の「ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」では、発熱に余裕がある状況ではTDP(熱設計電力)を超えた高クロック動作も可能。特にアイドルに近い状態からのプログラムの起動や、短時間の処理を繰り返すフォトレタッチ、事務処理に有効です。

また、「ターボ・ブースト・テクノロジー2.0」はグラフィックに対しても動作。動画再生時や対応プログラムによるエンコードなどではグラフィックを、データ分析、集計などではCPUのクロックを引き上げ、様々な状況において最適なパフォーマンスを提供します。

高速 SATA 6Gb/s(SATA3.0)搭載

ハードディスク、SSD用の内部インターフェースとして、従来のSATA 3Gb/s(SATA2.0)と比較し2倍の転送能力を持つSATA 6Gb/s(SATA3.0)を搭載。社内のテストにおいて、カスタマイズにて選択可能な対応SSD搭載時にシーケンシャルリード(連続読出)約520MB/sと、旧世代H55チップセットのSATA 3Gb/s接続時と比較して2倍以上のスピードアップを記録。Windowsの起動はもちろん、プログラムの起動、大量の写真の読込・表示やファイルコピーなど、様々な場面で快適な動作を実現します。

新世代の高速DDR4 メモリーをデュアルチャネルで CPU に直結

従来のDDR3メモリーに比べて、より高速なデータ転送と省電力動作を実現した、新世代の「DDR4」メモリーと、デュアルチャネル駆動を採用。
CPUと直結された最大34GB/s(PC4-17000搭載、デュアルチャネル時)の帯域幅を誇り、CPU・メモリ間で膨大なデータ転送が発生する最新3Dゲームや高解像度動画の編集作業、学術演算などを、素早くスムーズに処理することができます。

優れたパフォーマンスと省電力性を実現した新世代グラフィックス「NVIDIA GeForce GTX 750 Ti」搭載

グラフィックスコアの設計自体を大幅に見直し、前世代の「Kepler™」アーキテクチャに比べて格段に優れたパフォーマンスと省電力性を実現した、新世代「Maxwell」アーキテクチャ採用の「GeForce GTX 750 Ti」グラフィックスを搭載しました。

グラフィックスの作業負荷を自動的にモニターし、可能な場合には常に動作クロックを上げて、より滑らかな画面表示を可能にする「GPU Boost」や、立体視映像で迫力のゲームプレイを体験できる「NVIDIA 3D Vision」などの機能を踏襲しつつ、より少ない発熱、消費電力で高いパフォーマンスを発揮できるように新設計され、「Windows 8.1」標準対応のDirextX 11.2にも完全対応となったことで、現在の、そしてこれから登場してくる多くのゲームを存分にお楽しみいただくことができます。

NVIDIA® 3D Vision™ 対応

別売りの「NVIDIA® 3D Vision™ KIT」と対応ディスプレイを用意すれば、3Dゲームなどで話題の3D映像が楽しめる「NVIDIA® 3D Vision™」に対応しています。

NVIDIA GPU Boostをサポート

今までのGPUは3Dゲームを遊んでいるとき、さらに速く動作できる余裕が有っても、一定のクロック数でしか作動しませんでした。GPU Boostは、グラフィックスの作業負荷を自動的にモニターして、可能な場合には常に、クロックスピードを増加させます。その結果、GPUは常にその最高性能を発揮することができ、可能な限り最高のフレームレートが得られます。

USB3.0ポートを搭載

USB2.0 に加え、最大5Gbpsの転送速度を持つUSB3.0を搭載。USB3.0対応機器はもちろん、USB2.0対応機器も利用可能、今後普及が考えられるビデオカメラやフラッシュメディアなど、大容量のデータ転送が快適になります。

SSD標準搭載で、アプリケーションの起動もファイル操作も快速


ハードディスクにくらべて、非常に高速なデータ転送が可能な「SSD」の標準搭載により、OSやアプリケーションの起動、ファイルの読み出し/書き込みを快速化。
特に、大量のデータが入力された表計算シートなどの閲覧・編集、一時ファイルへのアクセスが頻繁に発生する画像編集といった用途で非常に高い効果を発揮します。

さらに、データを物理的な駆動部分の無い不揮発メモリに保存する構造のためハードウェア的な故障が発生しにくく、また、振動・衝撃にも強いので、業務データや、かけがえのない思い出の写真や動画などの保存場所としても適しています。

くわえて、ハードディスクよりも圧倒的に低消費電力ですので、オフィスでの大量導入や、ファイルサーバーなどの常時稼動用途で優れた節電効果を発揮するとともに、ノートパソコンではバッテリーの消費を抑え、より長時間駆動に貢献します。

同時に、大きさも2.5インチハードディスクや数cm四方の基板サイズで非常にコンパクトで発熱も少ないため、コンパクト筐体のデスクトップパソコンやノートパソコンなど、内部空間に余裕の少ないモデルでも空気の流れを阻害せず、良好なエアフローを維持しながら体感速度を劇的に向上させることがで きる「SSD」は、スムーズで快適なPCには無くてはならないパーツと言えます。

詳しくはこちら


ページトップへ

カート
ボタンへ

キャンペーン情報、新製品情報などお届け!

面白商品、セール情報などつぶやきます!
困った時はドスパラサポート
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

ご購入に関するお問い合わせ/ご注文

電話をかける
電話03-4332-9656

お問い合わせフォーム
  

電話受付時間
平日:9:00-21:00 / 土日祝:10:00-18:00
推奨スペック概要

ゲームプレイ出来る環境を簡単に選べるように、ソフトとハードに共通のマークを表示しています。
ハードとソフトには多くの種類があり、どの組合せで快適プレイ出来るかがわかりにくい状況です。
ドスパラxゲームライナー監修で快適にゲームプレイ出来る組合せを創りました。

● マーク説明

PCの場合
例えばAマークのPCを購入した場合、C、B、Aのマークのゲームソフトを快適に遊ぶことができます。
ソフトの場合
Aマークのソフトを快適に遊ぶためには、PCはA、S、S+のマークが付いたPCが必要となります。

Bマークのソフトを快適に遊ぶ場合

Bマークのソフトを快適に遊ぶ場合はB、A、S、S+のマークが付いたPCであれば快適にゲームプレイが出来ます。

● 対応スペック一覧

各スペックのリンクから絞込み検索が出来ます。

<対応ソフト一覧>