365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ドスパラのパソコンは100%国内生産・国内サポート

タブレット

ドスパラのタブレットはWindows OS版、Android OS版の2種類から選択できます。液晶ディスプレイのサイズはコンパクトな8インチから、ビジネスユースにも対応できる10インチサイズまで取りそろえており、普段から外出先で使うモバイル用途や、自宅や会社で使う場合など、ニーズに合わせて選択可能なラインナップを取りそろえています。
Android OS版では9.7インチ高密度ディスプレイ採用により、美しいフォント表示や高画質な写真を美しく表示する事が可能です。ご購入時の比較ポイントはこちら使い方はこちら

冬のボーナスセール

最短当日出荷タブレット購入前に知っておこう!

タブレット人気ランキング

DG-D09IW2SL

見やすく持ち運びやすい人気モデル
ストレージ倍増で使いやすさアップ



(+税)~

スペック詳細を見る

DG-D08IW2L

持ち運びに便利人気のコンパクトタブレット



(+税)~

スペック詳細を見る

DG-D11IWVL

状況で使い分ける2in1モバイル
使いやすいストレージ増設モデル



(+税)~

スペック詳細を見る

特典盛りだくさんプレミアムサービスをチェック

Windowsタブレットおすすめポイント

1万円台から手に入るWindowsタブレット 売れ筋はお手ごろ価格のWindows 10モデル

●初めてのタブレットにおすすめ

 仕事やプライベートにタブレットが1台あれば、と思っている読者は多いはず。とはいえ、5万円以上もする高価な製品を買うのはなかなか思いきりがつかないもの。タブレットの購入が初めてならなおさらです。そこでおすすめなのが、Windows搭載のタブレット。最新OSのWindows 10を搭載した8インチモデルなら、なんと1万円台から手に入ります。高価な物は専用のタッチペンやSIMカードが使える製品もありますが、その分高価。まずは手の届きやすい製品から、タブレットに慣れてみるとよいでしょう。

●1万円台で買える8インチタイプが人気

 最近はWebサイトにたくさんの情報があふれています。数あるタブレットの中で、どれを選べばよいか悩んだら、自分がどんな用途で使うのかをイメージして、商品のスペックやレビューなどを比較するとよいでしょう。
 特に人気が高いのは、8インチサイズで手軽に持ち運るWindowsタブレット。中でもCPUにインテルのAtomシリーズ、ストレージに余裕のある64GBeMMCを搭載し、1万円台で手に入るモデルが、売れ筋となっています。
 手ごろな価格ながら、Androidなどのモバイル用OSではなく、普段使っているデスクトップPCとお同じWindowsを搭載だから、やりたいことを我慢せずにできるのが大きなポイント。普段使っているアプリやデータがそのまま使えます。また、ほとんどの製品がmicroHDMI接続で液晶ディスプレイやテレビ、プロジェクターに映像を出力できるので、さらにキーボードやマウスを接続すれば、まさにPCそのもの。文書の作成や写真や動画の閲覧などが快適にできます。最新OSのWindows 10は、「タブレットモード」と「デスクトップモード」を手軽に切り替えられるのも特徴です。なお、既に購入したユーザーからは、安価なので多少の汚れや傷も気にならず、ガンガン使いこなせる、といったメリットも聞かれます。

●普段のアプリやデータがそのまま使える

 Windowsタブレットの魅力は価格だけではありません。まずは何と言っても、ノートPCやデスクトップPCで行っている普段の操作性をそのまま持ち出せること。Androidなど、スマートフォンやタブレット専用のOSを採用した製品の場合、アプリの使い勝手が異なったり、同じデータを扱えなかったりします。Windowsタブレットなら、PCと同じアプリ、データが使えるので、いちいち悩まずに済みます。なかでもおすすめは、インテルのクアッドコアを搭載したモデル。オフィスソフトやブラウザゲームも軽快に動作します。

●携帯性を重視するなら8インチクラス

 画面サイズは8インチ、8.9インチ、10.1インチなどがあります。例えば、複数のユーザーで一緒にコンテンツを見る機会があるなら、大画面の10.1インチがおすすめ。旅行中に家族で動画を楽しんだり、商談の場でクライアントに資料を見せたりするのに便利です。携帯性を重視するならやはり8インチ。電車の中で立ちながら、電子書籍や動画を楽しむといった用途にピッタリ。一般的なスマホよりも画面が大きくて見やすいうえに、片手でも手軽に持ち運べます。実際に店頭で持って比較したり、レビューを参照したりするとよいでしょう。

●キーボードはぜひセットで手に入れよう

 Windowsタブレットとセットでぜひそろえたいのが、キーボード。接続すれば、 Windowsタブレットが一瞬でノートPCに早変わり。外出先でも快適に長文の入力ができるので、資料の作成など本格的な業務にも活用できます。Bluetooth対応なら、わずらわしい配線が不要。保護ケースと一体になったタイプなら、持ち運びが容易で、タブレット本体も保護できます。
また、出張や旅行などであると便利なのが充電ケーブル。給電端子付きなら、充電とデータ通信が同時に行えます。

●クラウドサービスやSDカードも上手に活用

 ストレージは余裕のある64GBモデルが主流となっています。それでもさまざまな用途で活用できるWindowsタブレット、容量はできるだけ多いほうが安心です。まずは、microSDカードスロットを活用し、 SDカードを挿して本体の容量不足を補うとよいでしょう。
 最新のWindows 10 Fall Creators Update(RS3)では、革新的なOneDrive ファイルオンデマンド機能が標準で追加された事で、ディスク領域を圧迫することなくクラウド上のOneDrive にファイルにアクセスできます。
 注目すべきは操作性、 OneDrive へのアクセスがパソコン内の他のファイルと同じようにアクセスできるようになりました。
 インテル製の高速無線LANモジュールを搭載しているため、クラウドへのアクセスがよりスムーズに行える点も見逃せません。

●ビジネス用途では大画面モデルがおすすめ

 ビジネス向けには、よりサイズの大きな10.1インチや11.6インチのタブレットも人気です。特に商談や打ち合わせで利用するには、やはり大画面のほうが便利。相手と一緒に同じ画面を共有できます。このサイズならキーボードをつないでノートパソコンの代わりとして快適に使えるのも魅力。外出先のカフェなどで効率良く作業ができます。

Androidタブレットおすすめポイント

高精細ディスプレイと拡張性の高いタブレット

●コミックや電子書籍が読みやすい

 画面の縦横比について、据え置きパソコンではワイド画面が主流ですが、タブレットの世界では4:3と19:10ワイド画面がまだまだ混在しているので迷ってしまうという読者も多いはず。
 ドスパラのこだわりポイントは、紙の書籍を見開きにした比率に近い4:3を採用したこと。ワイド画面では、左右に余白ができて縮小されてしまいますが、4:3ではとても自然な表示となります。
 液晶パネルも妥協のない高密度ディスプレイの採用で、文字が見やすく、美しいフォント表示や高画質な写真を細部まで美しく再現する事が可能です。
 従来機※の149dpiから264 dpiと約1.7倍も高精細になりました。  ※DG-Q10SR3

●外部出力端子搭載

 動画や写真、ゲームプレイなど、相手に見せる場面ではやはり大画面のほうが便利。miniHDMI端子にTVやプロジェクターを接続すれば一緒に同じ画面を共有できます。

タブレット購入時の比較ポイント

利用シーンを想定してスペックを細かくチェック

●まずは画面サイズと重さをチェック

 タブレットを購入する際にまずチェックしたいのが、画面サイズと重さ。家族で一緒に動画を見たい、ゲームも楽しみたい、といったニーズがあるならやはり10.1インチや11.6インチなどの大画面がおすすめ。キーボードを接続すれば、まるでノートPCのように使うことができます。いっぽう、Webやメールのチェックが主流で、できるだけ身軽に持ち運びたいなら、8インチなどの小型モデルがおすすめ。スマホのように電車の中で立ちながらコンテンツをチェックする、といった使い方も可能です。なお、Windowsタブレットは拡張性が高いので、大画面に表示したくなったら別途ディスプレイにつなぐ、という使い方もあります。

●CPUやメモリーは余裕を持ったスペックを選ぶ

 大きさを決めたら、続いて内部のスペックを詳しく比較します。CPUはインテルのAtomクアッドコアが、メモリーは2GBのDDR3Lが主流。基本的にCPUやメモリーは、後からパーツを交換して性能を強化するといったことができないので、ある程度余裕を持ったスペックを選んでおくとよいでしょう。

●ストレージは後から追加もできる

 ストレージもできるだけ大容量なモデルを選ぶと安心です。ただWindowsタブレットの場合、microSDカードスロットを備えた製品が多いため、後からmicroSDカードを挿して容量を確保するといった使い方も可能。例えば、microSDを仮想HDDとしてマウントすることで、内蔵ストレージと同じようにアプリをインストールすることもできるようになります。ただし、その場合もWindowsを再起動するたびに再度マウントする必要があるので注意しましょう。

●OSはWindows 10がおすすめ

 これから買うならOSはWindows 10がおすすめ。Androidなどのモバイル用OSに比べて、普段使っているアプリやデータをそのまま使えるのが魅力です。なお、従来のWindows 8.1搭載モデルでも無償アップグレードできますが、あらかじめWindows 10が入ったモデルなら、面倒な作業は一切不要。購入してすぐに最新OSを活用できます。

●保証サービスのチェックも忘れずに

 普段持ち運ぶことの多いタブレットは、スペックだけでなく保証サービスも購入する際の重要な比較ポイント となります。使用中に手が滑って落としてしまった、カバンから出し入れする際にぶつけてしまった、飲み物をこぼしてしまった、こういった通常の保証では対応できない、ユーザーの過失による故障もサポートしてくれる保証サービスが選べると、より安心してタブレットを使いこなせるのでおすすめです。

タブレットの使い方ポイント

Windowsタブレットはさまざまなシーンで大活躍

●タブレットはコンテンツを楽しむのに最適

 タブレットの使い方はさまざま。ここでは、通常のノートPCやデスクトップPCではなかなか実現できないタブレットならではの使い方を紹介します。まず何と言ってもおすすめなのが、コンテンツを楽しむための端末しての使い方。一般的なスマホよりも大きな画面サイズなので見やすく、一度にたくさんの情報を表示可能。そのうえ手軽に持てるため、Webやメールのチェックはもちろん、動画の視聴にも最適。例えばモバイルルーターと組み合わせてネットに接続すれば、通勤や通学の電車の中でも、話題の映像配信サービス「Netflix」や「Hulu」などを楽しめます。
 また、加速度センサーやGPSを搭載したタブレットなら、ドライブでカーナビの代わりとして使うのもの便利です。難しい設定は不要。最新の地図データなどを無料で表示できて、最近では高価な車載ナビよりもタブレットのほうが便利、というシーンも珍しくありません。もちろん、音楽プレーヤーとしても使えます。

●使う場所を選ばないのもタブレットの魅力

 携帯性の良さは家庭でも大活躍。ソファやベッドでくつろぎながらネットサーフィンをしたり、オンラインショッピングをしたり、いちいちかしこまって机に向かう必要はありません。キッチンで料理をしながらレシピサイトを見たいといった場合も、スリムなタブレットなら場所を選ばずに立てかけておけます。

●拡張による使い勝手の良さはWindowsタブならでは

 ビジネスシーンでもタブレットの活用例は増えています。例えば、電子データを保存しておけば、商談の際に重いカタログを持ち歩く必要はありません。タブレットなら顧客と同じ画面を共有しながら、タッチ操作によるプレゼンテーションが可能。より顧客の興味を引くことができます。さらに、WindowsタブレットならAndroidなどを搭載したタブレットとは異なり、PCと同じアプリ、やデータが使えるのも大きなポイント。キーボードやマウスをつなげれば長文メールの入力や資料の作成なども楽々。microHDMI出力で大画面のディスプレイにつなげる方法もあります。一般的なノートPCに比べるとさすがに非力ですが、高解像度の動画や画像の編集、最新の3Dゲームをプレイするのでなければまず問題ありません。

受賞履歴




このページは「タブレットPC」のページです。
ドスパラの販売するタブレットPCはWindows、Androidなどさまざまな商品を取り揃えており、
ゲームやアプリ、ビジネスなど、ご自分の用途に合わせた商品をお選びいただけます。
タブレットPCのご購入ならドスパラ通販で。

商品カテゴリー



限定特価品

人気売れ筋ランキング

注目キーワード

お役立ちコンテンツ

パソコン辞典

パソコン豆知識

便利なリンク一覧

通販のお問い合わせ先

ドスパラ通販センター
TEL:03-4332-9656
FAX:0467-79-8231
電話受付時間
平日:9:00-21:00
土日祝:10:00-18:00

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。