毎日17時までのご注文で当日出荷! 5,000円以上のお買上げで送料無料!

ドスパラのパソコンは100%国内生産・国内サポート

HDD(ハードディスク)は、とにかく安くて大容量なことが特徴な記憶装置です。長らくパソコン(PC)の主な内蔵記憶装置として使われてきました。SSDの登場によりデータのアクセス速度については譲りますが、データを大量に保存して置きたい場合などには今でも十分な性能を持っています。OSや画像処理ソフト、PCゲームなど、高速化したいものはSSDへ、大きな容量になりがちで、それほど高速なアクセスを求められないバックアップデータや写真、録画したテレビ番組などはHDDに保存すれば、コストパフォーマンスが高く、効率よく使うことができます。SSDとHDDは互いの弱点を補うような関係にあるといえます。

HDD(ハードディスク)売れ筋ランキング

検索結果
3件ヒット
   キーワードで絞り込む

                     並べ替え
表示件数
20件
50件
100件
表示方法
リスト形式
画像形式
商品画像 価格 出荷目安 スペック
FUJITSU PY-BH1T7D5 (1TB) 商品コード:0000384212
HDD(ハードディスク)|FUJITSU  PY-BH1T7D5 (1TB)
HDD(ハードディスク)|FUJITSU  PY-BH1T7D5 (1TB)
53,925円(+税) お取り寄せ(通常1~2週間程度で出荷)
FUJITSU 内蔵2.5インチBC-SATA HDD-1TB(7.2krpm)(PY-BH1T7D9) 商品コード:0000447230
HDD(ハードディスク)|FUJITSU  内蔵2.5インチBC-SATA HDD-1TB(7.2krpm)(PY-BH1T7D9)
HDD(ハードディスク)|FUJITSU  内蔵2.5インチBC-SATA HDD-1TB(7.2krpm)(PY-BH1T7D9)
57,038円(+税) 在庫切れ
FUJITSU PY-BH1T7D (1TB) 商品コード:0000318850
HDD(ハードディスク)|FUJITSU  PY-BH1T7D (1TB)
HDD(ハードディスク)|FUJITSU  PY-BH1T7D (1TB)
53,925円(+税) 在庫切れ ●接続:SATA3 6Gbps●ディスク容量(TB):1TB●回転数:7200rpm
関連カテゴリ : マザーボードSSD電源

パソコンの要・HDDを徹底紹介!

安価で手に入りやすく、画像やデータのバックアップのほか録画した動画を貯めておけるのがHDD(ハードディスク)です。パソコン作業にはなくてはならないHDDですがいくつか種類があり、機能や使い方によって最適なタイプが異なります。今回はそんなHDDを詳しくご紹介しましょう。

HDDには3種類ある

HDDの種類は、パソコンやテレビの外部に接続する形の「外付け」タイプ、パソコンやスマートフォン、タブレットなど一度に複数のマシンでデータを共有できる「ネットワーク接続HDD(NAS)」、そしてパソコンやその他マシンの本体に内蔵されているものが「内蔵HDD」です。

「外付け」とも言われる「外付けHDD」はHDDだけが独立しており、デスクに常時置いておく据え置きタイプと、持ち運びができる軽量小型のポータブルタイプがあります。マシン本体に内蔵されているHDDだけでは容量が足りない場合に利用されるほか、テレビの録画機能を補うためにレコーダーとして使用することもあります。

「NAS」はLANを使用し、複数のパソコンやその他マシンと同時に接続して、同じ情報やデータを共有する場合によく利用されます。外付けや内蔵タイプは他のマシンに接続する時に、ディスクからデータを引き出して他のマシンに入れなおす手間が必要ですが、NASの場合はHDDを共有しているため、同じネットワークの中にいるマシンであれば、データを移動させることなく、直接HDDから使うことができ大変便利です。特に複数のスタッフが常駐するオフィスで使われることの多いタイプです。

「内臓HDD」はパソコンやその他AV機器の内部に予め実装されている、ほか2種類よりもごく一般的なタイプです。外付けやNASのように場所をとらない省スペース型ですが、データの共有や移動、HDD自体の交換には手間がかかります。ここからは「内臓HDD」についてご紹介をしていきましょう。

ディスクの大きさは3種類

現在の市場で最もポピュラーなタイプは3種類あります。

1990年以降に主流となっているのが3.5インチタイプ。主に据え置き型のデスクトップパソコンや、サーバーのHDDに利用されています。

二つ目は衝撃耐性に優れ、低電力でコンパクトな2.5インチタイプは、優れたミニマム設計が、携帯性の高いノートパソコンに活用されています。最近ではデスクトップタイプやゲームマシンにも使われることがあります。

さらに2.5インチよりも小さな1.8インチタイプは、モバイルノートや携帯音楽プレーヤーのHDDに重宝されています。2011年の時点では東芝のみの生産です。

2タイプのインターフェース

さらにHDDには2つの規格があります。ひとつは“接続先の状況を確認しながらデータを正確に送る”SCSI系、もう一方は“一方的にデータを送る”ATA系です。SCSIタイプは高性能のサーバー向けに、ATA系はパソコン用に用いられています。

いかがでしたか? HDDを一括りにしても複数の種類があり、用途によって使うタイプの異なることがわかりました。今すぐに役立つ情報とは違いますが、知っておくとパソコンをより理解することができます。パソコン作業に欠かせない記憶装置を知り、ご自身の作業環境に合った種類を適切に選べるようにしておきたいですね。

 

2.5インチ SerialATA内蔵型HDD - FUJITSU[HDD(ハードディスク)]のPCパーツ通販ならドスパラ【公式サイト】をご利用ください!2.5インチ SerialATA内蔵型HDD - FUJITSU[HDD(ハードディスク)]を含むPCパーツのPC総合通販サイトです。5,000円以上のお買い上げで【送料無料】(一部商品を除く)。パソコンショップも全国展開中です。

 

通販のお問い合わせ先

ドスパラ通販センター
TEL:03-4332-9656
FAX:0467-79-8231
電話受付時間
平日:9:00-21:00
土日祝:10:00-18:00
ドスパラのパソコン保険

2.5インチ SerialATA内蔵型HDD - FUJITSU

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。