導入事例TOPへ

エヌ・シー・ジャパン株式会社様

Genius Party raytrek導入事例Vol.5 <エヌ・シー・ジャパン株式会社>

STUDIO4℃様

Genius Party raytrek導入事例Vol.9 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.8 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.7 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.6 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.4 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.3 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.2<ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.1<ジーニアス・パーティ>

ジーニアス・パーティ ビヨンド

坂本拓馬氏

『アニマトリックス』『鉄コン筋クリート』など、数々の名作を生み出し続けるSTUDIO4℃の下に、日本のアニメーションが誇る天才たちが集結した。プロジェクト名は『Genius Party <ジーニアス・パーティ>』。
昨年公開され、7月にDVDが発売された第一弾に引き続き、第2弾『Genius Party Beyond <ジーニアス・パーティ・ビヨンド>』が2008年10月11日よりシネマート六本木他で公開が決定した。また新たな世界観の創造に、わくわくが止まらない。
この『Genius Party』『Genius Party Beyond』にドスパラのPCワークステーション『raytrek <レイトレック>』が導入されている。今回は『Genius Party』で『デスティック・フォー』(監督:木村真二)のCGI監督を務めた坂本拓馬氏に作品について、そしてSTUDIO4℃の製作現場の声を集め企画された『raytrek spec. STUDIO4℃』についての話を伺った。

キモグロカワイイ死人の世界

──簡単に作品の紹介をお願いできますか?

監督は『鉄コン筋クリート』(監督:マイケル・アリアス)で美術監督を務めた木村真二さんで、監督の世界観が色濃く出ている作品だと思います。劇中に出てくるのはカエル以外は全員死人の世界です。それでみんな肌の色がおかしかったりします。ダークな世界観ですが、そのカエルを巡る小さな世界の小さな物語です。日常的なシーンが出てきたり、アクションがあったりして、独特な世界観の映画です。

──死人の世界というのは、木村監督のどのような発想の世界観なのでしょうか。

木村監督が大友克洋さんと作られた『ヒビラくん』(作:大友克洋 / 絵:木村真二)という絵本があります。劇中のヒビラくんは吸血鬼なんですが、そこからフィーチャーしたんだと思います。おそらく木村監督がその世界観が好きなんでしょうね。僕がこの作品に入ったときには既に木村監督は沢山キャラクターの絵を描かれていて、世界観はその段階で出来上がっていました。

──やはりこのタイトルは「あの映画」のオマージュですか?

詳しくは聞いていないんではっきりは答えられませんが(笑)、そうですよね。

──爆笑しましたよ、特に三輪車とか。もう気持ち悪くて可愛くて(笑)。

笑ってください、そういう作品なんで。他の作品とは全然違いますね。あの三輪車がたくさん居るところは良く見ると二人乗りのヤツが居たりしますよ。意外と真剣に見ている人が多いので、大いに笑って欲しいですね。

木村真二監督の絵を動かす3DCGとコンポジット

──全て3Dで作られたんですか?


木村真二監督の絵を動かすというコンセプトで作られたキャラクタの
3Dモデル(左)と木村監督により手書きされたそのテクスチャ(右)。

そういうわけでは無いです。作り始めた当初は3Dで作るかどうかは決まっていませんでした。まずコンセプトとしては木村監督の描いた絵をどのように動かそうか、というのがありました。絵コンテを見ながら木村監督の絵を動かす方法を考えるうち、とりあえずテスト的に3Dのキャラクターを作って動き方、見え方を検討しました。それを木村監督に気に入ってもらえたので多くのカットを3Dで作成することが決定しました。
もし上手くいっていなければ別の方法を採用したと思います。やはり動きは3DCGっぽくなってしまいますが、そのかわりに3Dを用いることによって動きの制限が無くなりました。


──個人的にこの作品のような「手で描いた絵が動いている」のが好きなんです。背景もそうですよね、建物とか。

そこの「手で描いた絵が動いている」のが目指していた部分です。例えば屋根や壁は、テクスチャーは全て木村監督が描いたものを使っています。キャラクターもUV展開したものを木村監督がテクスチャを手描きして、それを動かしています。背景には「カメラマップ」という手法を使っています。UV展開とは全く違った発想のマッピング方法で、他のスタジオでも利用される手法ですので新しいとはいえませんが、STUDIO4℃の得意とする表現のうちの一つです。
木村監督に描いてもらうときには質感だけを手書きしてもらって、影やハイライトはCGで別に出して、コンポジットのときに描いたように見せています。なるだけ手で描いた絵に見えるように、3Dもレンダリングしてしまえば1枚の絵ですから、素材と捉えて分けて出します。これもSTUDIO4℃の得意とすることなのですが、3Dだけで終わらせるのではなく撮影、コンポジットの部分でそれを絵にする。木村監督の絵という素材を組み合わせて、見ている人に違和感を与えない、木村監督が描いた絵が動いているところを見せるというところが一番心がけたことでした。


「カメラマップ」を用いて表現された街並みの全景(左)、3Dでのシェーディング(中央)、
3Dモデルにテクスチャが貼られた状態(右)。

また、キャラクターの頭身などが特殊なのと、絵を動かすのが我々アニメーションスタジオの仕事だということ、リミテッドアニメーションの動きが皆好きだということもあり、モーションキャプチャ等を用いずにアニメーションはすべて手で付けています。他にキャラクターのCGでは新しい試みも有りました。


キャラクターがモデリングされた状態。

2D上でディティールを書き足したものを、もう一度3D上へ持っていく。


別にレンダリングされたキャラクタの陰影と合成して完成。


ディティールが書き足された状態のSoftimage|XSi上での画面。

──どんなことですか?

3Dの絵を一枚レンダリングして、2Dになった状態で木村監督にまた絵を描いてもらって、それを更に3Dにバックする、2Dでの手書きと3Dの往復がされています。 3Dだと絵の密度的に耐えられないものをもう一度2Dにすることで密度をアップさせる為に用いています。主にバストアップやクローズアップ、キャラクターがしゃべったり瞬きしたりというカットで用いました。他では余り用いない手法だと思います。元々、この手法自体は美術(背景) を立体的に見せる中で使っていて、今回の作品の中でも使っています。それをキャラクターにも応用させようと考えました。 ちなみに、木村監督は元々美術監督などを務めてこられた方で、キャラクターも背景も、全部一人で描かれました。こちらサイドとしてはその意味では楽でした(笑)。

──止まっている一枚の絵としても面白いと思うのですが、このお話は絵本になったりしませんか?

そういう話は色々有りましたが、まだ実現していないですね。フィギュアとか僕も欲しいんですけど(笑)。

「raytrek spec. STUDIO4℃」に関して

──raytrekをご利用いただいての感想を教えていただけますか?

とにかく速いです、とても。多用するAdobe AfterEffectsのレンダリングも勿論ですが、特にSoftimage|XSi等で重いカットをテストするときに、従来用いていた32bitのマシンとの差が凄く感じられます。これ以上は無いと思えるくらいに良い仕事をしていただいてます。クリエイターには本当にぴったりなマシンだと思います。先日届いた小さい方(raytrek debut !)も良いですね。
あと、知り合いから「ドスパラでSTUDIO4℃のモデル買ったよ」って言われました。

 

──公私共にありがとうございます。そのお知り合いの方にも宜しくお願いします。今後PCワークステーションに期待される部分は有りますか?

現状ではハードウェアのスピードという面では、raytrekで殆ど不満の考え付かないレベルだと思うのですが、今後はソフトウェアの完全な64bit対応を期待します。例えばQuickTimeがまだ64bitに対応しておらず、アプリケーションには結構QuickTimeに依存するものがあるのでその辺りの対応が急いで欲しいところです。

アニメーションクリエイターを目指す方へ

──坂本様の今までの経歴を簡単に教えていただけますか?

ヒビラくん

京都精華大学で版画を専攻していましたが、版画は殆どやってません(笑)。アニメーションや映像がやりたかったので自然とそちらに流れていきました。卒業後に京都の着物の会社でウェブ用の写真を撮影したりしていましたが、たまたま作品を見てもらう機会があり、2001年にSTUDIO4℃に入社しました。ちなみにSTUDIO4℃に京都精華大学の人が結構居ます。
入社後、主な作品としては『マインド・ゲーム』(監督:湯浅政明)、『アニマトリックス』の『ディテクティブ・ストーリー』(監督:渡辺信一郎)、『魔法少女隊アルス』(原作:雨宮慶太/監督:小原真治)、『鉄コン筋クリート』(監督:マイケル・アリアス)、最近は『バットマン ゴッサムナイト』で半年ほどCGI監督を務めていました。CMは『ロックマンゼロ』(カプコン)等を担当しました。入社したのは『マインド・ゲーム』と『アニマトリックス』が同時に動いていた時期で、往復しながらやっていました。

 

──STUDIO4℃で働く魅力を教えていただけますか?

このインタビューで他の者も言っている事ですが、何でも出来ることです。多くのスタジオでは今は殆ど分業化されていて、CGはCG、撮影は撮影、CGは撮影に素材を渡すと次の仕事、という具合なんです。ここは逆に何でも出来ないと苦しいかもしれないのですが。また時には社長から他の会社では考えられない仕事が直接飛んでくることもあります(笑)。

──アニメーションクリエイターを目指す方にメッセージをお願いします。

個人でアニメーションを製作されている方には、アートアニメーション寄りの凄く面白いものを作っている方が沢山いらっしゃって、僕たちもそういうアマチュアの方の作品から刺激を受けることが多く有ります。
毎年、入社の為に応募されてくる作品を見るんですが皆凄くレベルが高くて驚きます。
ただ、技術だけではなく映像的な何かを感じ取れるような、センスというのでしょうか、それが色彩感覚であったり、キャラクターの動きであったり、ストーリーが面白かったり。ただ技術だけを学ぶのではなくそういう部分も磨きをかけて欲しいと思います。

──ありがとうございました。『Genius Party』DVD発売と『Genius Party Beyond』の公開を楽しみにしています。


Link

  • Genius Party
  • STUDIO4℃