導入事例TOPへ

エヌ・シー・ジャパン株式会社様

Genius Party raytrek導入事例Vol.5 <エヌ・シー・ジャパン株式会社>

STUDIO4℃様

Genius Party raytrek導入事例Vol.9 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.8 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.7 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.6 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.4 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.3 <ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.2<ジーニアス・パーティ> Genius Party raytrek導入事例Vol.1<ジーニアス・パーティ>

ジーニアス・パーティ ビヨンド

平野弘樹氏

『アニマトリックス』『鉄コン筋クリート』など、数々の名作を生み出し続けるSTUDIO4℃の下に、日本のアニメーションが誇る天才たちが集結した。プロジェクト名は『Genius Party <ジーニアス・パーティ>』。
昨年公開され、7月にDVDが発売された第一弾に引き続き、第2弾『Genius Party Beyond <ジーニアス・パーティ・ビヨンド>』が2008年10月11日よりシネマート六本木他で公開が決定した。また新たな世界観の創造に、わくわくが止まらない。
この『Genius Party』『Genius Party Beyond』にドスパラのPCワークステーション『raytrek <レイトレック>』が導入されている。今回は『Genius Party』で『LIMIT CYCLE』(監督:二村秀樹)のCGI監督を務めた平野弘樹氏に作品について、そしてSTUDIO4℃の製作現場の声を集め企画された『raytrek spec. STUDIO4℃』についての話を伺った。

作品を読み解く、大量の引用された情報

──驚くほど情報量の多い作品ですね。

最初に二村監督と話をしたのは、『LIMIT CYCLE』はセリフや絵のレイアウトなど、今現実にあるものを引用して作品を作りたいということでした。またそれと同時に普通の映画のようにカット割りがきっちりしているものではなく、夢を見ているような感じでカットの切り替わりが曖昧で一つに繋がっていっているようなイメージで作りたいと伺っていました。

──夢を見ているということがコンセプトですか?

あくまでもビジュアル的なイメージです。コンセプトとしては作品を構成する全ての要素を引用するということで、セリフ、音楽、レイアウトなど全て必ずモチーフがあります。
数式・図形・グラフなど色々なもので構成されていますが、すべて監督の中で意味があるものなんです。無意味に配置しているのではなくて、1カットごとに「なぜここに、この数式を用いているのか?」ということなど、全てに意味があります。

──情報量が多すぎて1つずつを理解していくのが難しいですね。

監督としては全然それで構わないんです。お酒でも飲みながら観てもらえればとも言ってますし(笑)。観ながら例えばひとつのセリフであったり、ひとつの数式であったり、何かひとつでも気になるものがあればそれを糸口にして作品の内容が読み解ける構成になっています。これを全部理解するのは大変だと思いますよ。よほどの天才、まさにGeniusじゃないと(笑)。

──映像とセリフの関係性についてなにか意識されたところはありますか?

二村監督はずっと悩まれていたようなんですが、実はコンテ上ではセリフは入る想定ではなく、途中の段階からセリフが入るという形になりました。編集の直前にセリフを入れる事になったため、どういうセリフを入れるか考えながら編集を行いました。そのために短編でありながら3日ほど編集に費やしました。ちなみにセリフはフランスの数学者で物理学者でもあるパスカルの言葉を引用しています。セリフを入れたのは情報量の多さを視覚的な要素だけではなく、他の要素でも足していきたいという監督の考えだと思います。

──映像作りで強く意識されたところは有りますか?

絵作りで意識したのは、一言でいえば「まとめすぎない」ってことですね。この作品を観ている人が作品内で引用している事柄のひとつでも気になってもらえるように、あえて個々の要素がバラバラに構成されているという印象を与えるように、コラージュ感が残るように構成しています。本来であれば1枚の絵として見えるようにまとめた方が、観客としては観やすいとは思いますが、まとめてしまうと情報量の過密さが薄れていってしまいます。それでは、この作品のコンセプトから少しずれてきてしまいますから、そのバランスを絵の作りこみ段階では意識しました。

──情報量を過密にするということは当初からの目標だったんですね

そうです。私達が生活している中でも様々な情報があり、その膨大な情報から取捨選択をして、自分に必要なものを選んで生活をしています。それを『LIMIT CYCLE』に於いては鑑賞している観客にも体感して欲しいと考えています。前の方にも述べていますが、ひとつのセリフであったり、数式であったり、何かひとつ引っかかるものがあればそこからこの作品が読み解けます。

3年越しで撮影した「東京」

──ところで、このカットは銀座ですか?

はい、銀座です。右側が喫茶店、左側が自動車のショールームになっている交差点です。

──銀座のような気はするけれど正面に東京タワーが見えているので、見えるはずが無いし、と思っていました。

一言で「東京」ということですね。作品中では色々な場所で撮影したものを組み合わせて利用しました。このシーンにある東京タワーですが、ああいった大きな建物は正面位置から撮影できるところが無いんですよ。結局、浜松町の貿易センタービルの展望台から撮影したものをなるべく正対に近い形に加工して利用しました。

今回の作品の中で二村監督のイメージした街は碁盤の目のように規則正しく並んでいる街ということでした。それで様々な所、原宿や新宿など転々と観て回って、一番コンセプトのイメージに合っていたのが銀座でした。それで、この場所で写真を撮ったのですが、今回自然物を作品内に登場させたくないという要望があり、街路樹が植わっていないところを探すのが大変でした。実際に探してみるとなかなか無いんですよ、どこに行っても植物が植えられてる。最初はCGで全部消してしまおうと考えたのですが街中のシーン全てを行うとなると作業量が膨大になり現実的ではなく、銀座の中でも街路樹が無い場所を探しました。何とか条件に合う場所は見つけることは出来たのですが、しかし人は居る(笑)。


なかなか撮影できる場所が見つからなかったという東京タワーの素材写真と、銀座の素材に用いられた写真。
これらを撮影する為に信じられない苦労が・・・。

──人も写ってはいけないと。

作品内では主人公である男性がひとりぽつんと街中に居る状態であった為、人を消せるのか?というのが最初あって、横断歩道の真ん中で何枚か撮影して、人の居ない部分を繋ぎ合わせて人の居ない状態を作ろうと試みましたが、なかなか横断歩道の真ん中では写真が撮れませんでした。歩行者信号の青の時間は余り無いので、当初は青信号でダッシュで行って三脚を立てて撮影、ダッシュで逃げる、というのをやっていたんですが、さすがに同じアングルでは撮れない(笑)。で、人の居ない時間はいつだろう・・・、と考えたら、普通思いつくのは夜中ですよね。ところが夜中の銀座に行ってみると街の電気が全て消えている。0時ぐらいなると街中の明かりが消えてしまうんです。ということは夜中も撮れない。考えた挙句に、確信は無かったのですが「よし、1月1日だ!」と。正月なら都心のど真ん中である銀座は歩行者もクルマも少ないだろうと。その上夜中になっても、翌日からの初売りの準備等で店の電気もついているんです。そこで格好のシチュエーションが生まれて、よし、ここしかない!ということで、元日の撮影を行いました。

──では、あの絵は1月1日の銀座の写真だったのですね?


3年に渡り、元日の夜に銀座で撮影された素材の写真。
良く見ると歩道には日の丸が掲げられている。

3年それを繰り返しました(笑)。製作期間が4年半で、そのうち3年間は元日の夜は銀座の街を歩いていました。とにかく街の写真に関しては良い素材の写真を撮影する、ということに力を注いでましたね。

──3年!結局人は居なくなりましたか?


雪は地面に落ちずに抜け、真っ黒な空間が演出されている。

人はほぼ居ない状態で撮影できました。クルマは若干残っていたのですが道路の上だったので、その部分は使用していません。ちなみにこの作品では地面は明確には見せないようにしています。アスファルトを見せるのではなくて、横断歩道の白い線だけを見せるようにしています。作品の中で雪が降ってくるシーンがありますが、本来なら地面に落ちるところですが、この作品の中では雪がそのまま地面を抜けていきます。
それによってどこまでも続く真っ黒な空間にアスファルトの白い線やネオンの光といった印象に残る記号が空間に浮いているような印象になったかなと思ってます。あと街の中でカメラを振ると光の残像が残りますね、その光が目に焼きついている感じを出したいというのもあって、光の印象が一番きれいに見せる為にも、真っ暗な空間の方が良いと思いました。

──看板はどうしましたか?

看板は権利的にも問題があるんで(笑)、消しました。その代わりに別にオリジナルで作ったものを載せたり、それっぽく紛れ込ませたりしました。それら工程を経てようやく二村監督のイメージ通りの街である、人は居ないけれども、看板やネオンは光っている、という状態を何とか作ることができました。

公開直前まで作りこまれた長大なカット

──前回に少しお伺いしたのですが、この作品が『Genius Party』全7作品の中で最も時間がかかったらしいですね。


ラフコンテ。4年半に渡る製作でいたるところが破れている。

そうなんですよ。一番最初に始まって一番最後に終わりました。試写の時も実はまだ完全ではなく代わりのカットが入っていたりと。一番最後までかかったのがこの『LIMIT CYCLE』と『Genius Party』でしたね。
最後の方、佳境に入っていた時期に残っていたカットというのが、尺が凄く長いものが多かったんです。アニメは通常1カットあたり平均で3-4秒程度なのですが、最後の方に残っていたカットというのが1カットで30秒とか40秒とか。残っているカットにはコンテ内で詳細が決められていない部分も多く、さらに監督から詳細が未確定なカットのコンテを書き起こすが時間がなくなってきてしまったということもあって、本来であれば詳細の決まって無い物は別途コンテに書き起こされるものなのですが、後半はコンテが無く文章による指示書きの場合もありました。


二村秀樹監督からの文章による指示書き。ビジュアルに関しては担当者に任されたシーンもあったという。

その指示をビジュアル的なイメージにするのは担当の製作者に委ねるということになって、カット内に入れ込む素材や引用するもの、それがきちんと有ればそのビジュアルに関しては担当者に任せるというシーンもありました。監督自身も引用する素材は決めてはいるのですが、色々な素材が重なっているので、どういう絵になるかイメージするのが困難ということもあって。まずはやってみて、ビジュアルがどうなるのかということを見て判断したいということもあり、指示が来て、作って、監督と確認して、訂正する。それらを時間が無い間に繰り返しましたので、その点では苦労しました。
ただシーン毎の担当者にビジュアルが委ねられたことによって、各スタッフは結構楽しんで監督と突き詰めながら作っていきましたね。

製作環境について



この作品で多用されたAdobe AfterEffectsのプラグイン『T_LensBlur』の適用前(上)と適用後(下)。

──PCワークステーション上でのソフトウェアについて教えてください

3Dに関しては3ds Max、あとはAdobe Photoshop 7とコンポジットにAfter Effects 6.5を使用しています。
多用したのはAfter Effects のプラグインでtinderboxのT_LensBlurというのがあります。元々はレンズのボケをシミュレートするプラグインですが、夜景の写真に対してそのフィルタをかける事によって光っている部分が強調されるので、その素材を光のフィルターとして街並みの写真に載せていました。

──raytrekはお役に立てましたか?

raytrekが来なかったら終わっていませんでした(笑)。監督とやり取りをしなければいけませんので、トライ&エラーの回数がとれないと最終的に良いものにはならないんです。特にレンダリングの時間が大幅に短縮されたという部分が助かりました。
実は僕はプライベートでもドスパラのPrimeを使っています。トラブルも無く、静かですし、快適ですね。

──公私ともありがとうございます。


同じく多用された3ds Maxによる事務所のカット。シンメトリック、規則的で有りながら複雑に配置された机にも何かの意味が・・・?

アニメーションクリエイターを目指す方へ

──個人的な事ですが、これまでの経歴を教えていただけますか?

東京造形大学造形学部デザイン学科を卒業後、4年弱ゲーム会社でキャラクターデザインを務めた後、2001年にSTUDIO4℃に入社しました。学生の頃は切り絵のアニメーションの制作していました。卒業後、その後ゲーム会社に勤めたんですが、映像を作るということに取り組みたくてSTUDIO4℃に転職しました。これまでに「アニマトリックス」『セカンド・ルネッサンス パート1・パート2』(監督:前田真宏)のCGIスタッフ、『ドラムカンナの冒険』(NHK)のCGパートの演出・CGI監督などを務めてきました。今回の二村監督とは『セカンド・ルネッサンス』から一緒に仕事をしています。

──STUDIO4℃で働くことの面白さはどんなところでしょうか。

他社とは違って、様々なことが余り分業化されていないんです。本人のやる気と気持ちさえあれば、演出をやることもあるし、CGをやることもあるし、色彩設計や撮影をすることもあります。その人の希望とやる気次第で様々な経験が出来るところですね。

──アニメーションクリエイターを目指す学生の方にメッセージをお願いします。

CG等のデジタルのみに限らず、色々やってほしいですね。学生の頃から絵の具やエンピツで絵を描いてきた経験が、今でも生きています。アニメーション制作現場は昨今デジタル化が進んでいて、特にCGスタッフはコンピュータの前で作業をしていることが多いので一見デジタルだけで完結しているように見えますが、自分で絵の具や鉛筆で描いた素材をCG内に組み込んだりすることもあり、アナログ的な感覚は今でも役に立っています。実際、作画や背景美術は手描きの物がまだ多い為、そういった要素をCG内にとり入れる事で作画や背景美術との親和性が高まりデジタルだけでは表現できない深みが映像に出てくると考えています。STUDIO4℃では、どの作品でもそういう感覚を大切にしていますよ。
コンピューターは色々とカバーしてくれるので楽なのですが、例えばエンピツや水彩絵の具であったり、また或いはクレヨンといった画材の中の選択肢のひとつとしてコンピューターも捉えていくと、幅広い表現が出来るようになるのではないかと思います。

──ありがとうございます。『Genius Party Beyond』の公開と『Genius Party』のDVD発売を楽しみにしています。


Link

  • Genius Party
  • STUDIO4℃