365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

手持ちのパソコンで地デジを始めよう メインページはこちら!

地デジって何が変わるの? 地デジ7つの魅力

1.高画質。走査線1080本、16:9画面

地上デジタル放送は、走査線が現行のアナログテレビの約2倍になる1080本、さらに人間の視野に適した見やすい16:9のワイド画面となります。

このため、映像を描く画素数が約200万個と、従来の4:3アナログテレビと比較して約6倍の微細さで描かれる高画質となります。

2.ゴーストのない画質で高音質

従来のアナログ放送では、障害物等の影響により音声の劣化やゴースト現象が起こる場合がありますが、デジタル放送では劣化やゴーストはなく、高品質の映像・音声を楽しむことが出来ます。

3.便利な電子番組表(EPG)

EPGとは「Electronic Program Guide」の略です。ディスプレイ上で最新のテレビ番組情報を確認できます。

さらに録画予約も簡単!番組表から見たい番組を選択するだけでOKです。

4.データ放送で欲しい情報を素早くGET

「データ放送」により、ニュース・天気予報・株価・試合結果など、さまざまな暮らしに役立つ情報をいつでもチェックすることが可能です。

また放送中の番組と連動した情報も(スポーツ中継なら各選手のプロフィール、ドラマならキャストの情報など)見たいときに呼び出せます。

5.双方向サービスで番組に参加

電話回線やインターネット等、通信回線に接続することで、番組との「双方向サービス」を楽しめます。

リモコンでクイズ番組の問題に解答したり、アンケートに答えたりと、自宅に居ながら番組に参加することが可能です。

6.マルチ編成で中継が延長しても最後まで見れる!

地上デジタル放送では、1チャンネル分で標準画質の番組を2~3番組同時に放送することが可能です。

例として、スポーツ中継が延長されたときなど、メインのチャンネルでは時間通りに次の番組を放送し、同時にサブチャンネルとして今までのスポーツ中継を引き続き放送。

最後まで試合を観戦できます。

7.字幕放送で台詞を画面に表示

字幕放送に対応した番組ではナレーションやセリフ、物音や効果音などのテレビ音声を字幕として文字で表示することが可能です。

また、番組によってはニュースなどの生放送番組も字幕付きで楽しむことができます。

地デジを受信するには? 【UHFアンテナ】【ケーブルテレビ】について

地上デジタル放送の受信には、【UHFアンテナ】での受信と【ケーブルテレビ】での受信の2通りがあります。

【UHFアンテナ】で受信する場合

1.放送エリアを確認

まずお住まいの地域が地デジ放送を受信できるか放送エリアをご確認下さい。放送エリアの目安は下記リンクより確認が可能です。

放送エリアのめやす
(社)デジタル放送推進協会(Dpa)のサイトへ移動します。

お住まいの地域が放送エリアに入っていない場合、下記より放送開始時期について調べてみましょう。

地デジ放送開始時期
(社)デジタル放送推進協会(Dpa)のサイトへ移動します。

2.UHFアンテナの準備

お住まいの地域が放送エリア内であることが確認できたら、次はアンテナの準備をしましょう。

現在アナログ放送を【UHFアンテナ】で受信している場合

基本的には、アンテナの交換は必要なくそのまま現在のアンテナを継続使用して受信が可能です。

ただし、下記の条件に該当する場合、別途UHFアンテナの設置やアンテナの向きの変更などが必要になる場合があります。
(1)現在使用中のUHFアンテナが地デジ放送の帯域に対応していない
(2)アナログ放送の送信所と地デジ放送の送信所の方向が異なる

現在アナログ放送を【VHFアンテナ】で受信している場合

ご使用中のVHFアンテナでは地デジ放送を受信することができません。地デジ放送を受信するためには新たにUHFアンテナを設置する必要があります。

【ケーブルテレビ】で受信する場合

1.受信はケーブルで

現在お住まいの戸建住宅や集合住宅ですでにケーブルテレビに加入し、地デジ放送の受信契約もされている場合、アンテナは不要です。地デジ放送はケーブルテレビ会社からケーブルを通して受信する形となり、基本的に室内壁面に設置されているアンテナ端子から地デジ放送を受信します。

2.ケーブルテレビの伝送方式に注意

ケーブルテレビの伝送方式には、データの変換にケーブルテレビ会社専用の機器(セットトップボックス)が必要な【トランスモジュレーション方式】と、ケーブルテレビ会社専用の機器が必要ない【パススルー方式】の2通りがあります。

ご加入のケーブルテレビがどちらの伝送方式を使用しているかは、ケーブルテレビ会社にお問い合わせください。

【トランスモジュレーション方式の場合】

データの変換にケーブルテレビ会社の専用機器を使用して地デジ放送を受信します。

パソコンで視聴する場合には制約があり、コピーワンス対応アナログキャプチャーボードといった製品が必要になります。

【パススルー方式の場合】

データの変換にケーブルテレビ会社の専用機器を使用せず、ご自身で地デジ対応テレビや地デジチューナなどを用意することで地デジ放送を楽しむことができます。

ページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。