Galleria HX - ガレリア HX ご購入・カスタマイズページへ

最強のゲームプレイへ!インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Galleria

第2世代「インテル® Core i7 プロセッサー」を搭載。クアッドコア + 「インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー」による 8 つのプロセッシング・スレッド(※)、8MBの共有L3キャッシュなどこれまでの「Core i7」シリーズ共通の特徴に加え、TDPを超えた高クロック動作を実現する「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」、最新ストレージインターフェース SATA 6Gb/s(SATA3.0)、CPUに直結したグラフィックス・インターフェースなど、最強のゲームプレイを実現する最新の「ガレリア」です。
※ ハイパースレッディング・テクノロジーは Core i7 のみの搭載です。Core i5 には搭載されません。

クアッドコア + インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーによる 8 プロセッシング・スレッド ※

1 つの CPU に 4 つのプロセッシングコアを搭載し、それぞれのプロセッシングコア上でスレッドレベルの並列性を実現する「インテル®・ハイパースレッディング・テクノロジー(HT)」を搭載。OS からは 8 コアとして認識されるこのテクノロジーにより、好きな音楽をプレイ、ボイスチャットや WEB ブラウザーなど複数のコミュニケーション・ツールを活用した最新・最強のプレイスタイルにも快適に応えます。


※ ハイパースレッディング・テクノロジーは Core i7 のみの搭載です。Core i5 には搭載されません。

さらなる高クロック動作でゲームをより快適に。

マルチスレッドに非対応のゲームなど、スレッド数よりも動作周波数が必要となる状況では、稼動コア数を減少させた上で動作クロックを引き上げる「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」を搭載。従来、マルチコアプロセッサーの弱点とされてきた少タスク時の動作をこの技術によって克服し、どのような状況でも最強のゲームプレイを実現します。さらに、今回の「ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」では、発熱に余裕がある状況ではTDP(熱設計電力)を超えた高クロック動作も可能。特にアイドルに近い状態からのゲーム・プログラムの起動や、プレイ中の急激な動作に有効です。

超高性能グラフィックスプロセッサ「NVIDIA® GeForce® GTX560」

現在発売されているほぼすべての3Dゲームが超高解像度、超高フレームレートで楽しんでいただける、超高性能グラフィックスプロセッサ「NVIDIA® GeForce® GTX560」を搭載。
DirectX® 11に対応、滑らかな曲面をグラフィックスプロセッサが計算し高精細な画像表現を可能にするテッセレーションなど、今後多くの発売が見込まれる最新の技術を採用したゲームにも余裕を持って対応します。

NVIDIA® 3D Vision™ 対応

別売りの「NVIDIA® 3D Vision™ KIT」と対応ディスプレイを用意すれば、3Dゲームなどで話題の3D映像が楽しめる「NVIDIA® 3D Vision™」に対応しています。

「DELTA ELECTRONICS」製550W電源ユニット

世界最大のスイッチング電源メーカー「DELTA ELECTRONICS」製電源を標準搭載。連続 550 W の高出力、独立した 3 系統の 12 V 出力回路など余裕のスペックで、ハイエンド CPU と グラフィックカードを搭載した「Prime」を安定して動作させます。

冷却効率に優れた静音12cmファンを採用。ハニカム状の排気口と組み合わせによって、高負荷時にも静音性と安定性を保ち、快適なゲームプレイを実現します。

出力端子
ATX 20 + 4 pin x1, ATX 12V (4pin + 8pin) x1, VGA 用 6pin x2, HDD 用ペリフェラル 4pin x6, SATA HDD 用 15pin x4, FDD 用 4pin x1

最大負荷時の変換効率 76 % 以上、力率 0.9 以上など基本性能の高さはもちろん、Prime PC の技術検査では電圧 80 V でのコールド・スタートを記録(※)するなど、過酷な環境下でも安定した出力を実現します。

(※)低電圧下での動作保証をするものではありません。

ご購入・カスタマイズはこちらから