365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

Windows 10からWindows 7/8.1にダウングレードする方法を教えます!

リリースから1年間限定でWindows 7 SP1/8.1 Updateのユーザーに対しては無償のアップグレードが提供されたWindows 10。
アップグレードしたのは良いけれど、やっぱり以前のOSの方が使い勝手が良かった、などと感じる人もいるではないでしょうか。Windows 10からWindows 7/8.1へのダウングレードを希望する人のために、今回はその手順を見ていきましょう。

Windows 10からダウングレードを希望する理由

Windows 10の特徴は、Windows 8とXPと同じように使えるWindows 7を混ぜたようなOSと言われています。

具体的には、「Windows 8で消滅していたスタートボタンの復活」、「Microsoft Edgeの新規導入」、「仮想デスクトップ機能」、「デフォルト画面のデスクトップ」などの特徴があります。細かいところでは、主要なアプリケーションアイコンのデザインが変更となり、見た目にも新しいOSを使用している感覚を得られます。

Windows 7やWindows 8.1を使っている人は、パソコンのポップアップに「Windows 10にアップグレードしませんか?」の提案が表示されることがあるでしょう。いちいちポップアップを消すのも面倒で、促されるままアップグレードすることもあります。しかし、アップグレード結果、使い始めてみるとやっぱり元のOSの方が使い勝手が合っていたと後悔する人もいます。

Windows 10のダウングレードを希望する理由としては、周辺機器が動作しなかった、必要なアプリが対応していなかったなど機械的な問題があります。他には、ブルースクリーンのままフリーズした、インストールが完了しないなどのトラブルも報告されているので注意が必要です。

Windows 10からWindows 7/8.1にダウングレードする手順

それでは、Windows 10からWindows 7/8.1にダウングレードする手順をご紹介しましょう。基本的には誰にでもできる簡単な作業です。
パソコンのスペックにもよりますが、アップグレードの際の半分程の時間が作業にかかると言われています。約30分前後を目安に考えておくといいでしょう。

  1. スタートメニュー内の「設定」をクリックしてください。
  2. 設定内の「更新とセキュリティ」をクリックしてください。
  3. 左メニュー内の「回復」をクリックしてください。
  4. 「Windows 7(Windows 8.1)に戻す」内の「開始する」をクリックしてください。
  5. 「準備しています」の表示が出てきます。
  6. 「以前のバージョンに戻す理由」の中から当てはまるものを選択し、「次へ」をクリックしてください。
  7. 「知っておくべきこと」の表示が出るので、内容を一読して「次へ」をクリックしてください。
  8. 「ロックアウトされないように注意してください」を一読して、「次へ」をクリックしてください。
  9. 「Windows 7(Windows 8.1)に戻す」をクリックしてください。
  10. クリックした後、パソコンが再起動し、以前使っていたバージョンが復元され始めます。
  11. 復元が終了すると、Windowsが起動し、以前のバージョン(Windows 7(Windows 8.1))に戻ります。

Windows 10からダウングレードできる期間

Windows 10にアップグレードしてからも簡単にダウングレードできるとはいえ、期間が限られているので注意が必要です。
元の設定がバックアップフォルダに残っている1カ月の間は元のOSに戻すことができますが、1カ月を過ぎると「元のOSに戻す」の項目自体が消えてしまいます。
ダウングレードを検討する場合は、早めに作業を開始するといいでしょう。


今回は、Windows 10からWindows 7/8.1へのダウングレードを希望する理由や、ダウングレードの手順、ダウングレードできる期間をご紹介しました。
せっかくOSをアップグレードしても、様々な理由で元に戻す方が利便性は高いこともあります。
元のOSに戻すことのできる1カ月の期間内にいろいろと試してみて、やはり前のバージョンの方を希望する場合は、ここで紹介した手順に従ってダウングレードしてみてください。

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • Monarch GE
    (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • Monarch XH
    (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • Monarch-X ZK
    (+税)
    高冷却&高拡張ケース採用 Intel最新 第8世代CPU搭載タワーPC

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • Magnate IM
    (+税)
    ドスパラ人気No.1スタンダードデスクトップPC。
  • Magnate MX
    (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • Magnate GE
    (+税)
    高い処理能力で、複数のアプリケーションも快適軽快に動作

スリムパソコン人気ランキング

  • Slim Magnate IE
    (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適なスリムパソコン
  • Slim Magnate IM
    (+税)
    高い基本性能をもったスタンダードスリムPC
  • Slim Regulus AM
    (+税)
    動画再生に優れたAMD APU搭載スリムPC
  • mini Magnate IM
    (+税)
    デスクスペースを有効活用、定番PCの超小型モデル。
  • mini Magnate IE
    (+税)
    性能と省スペースを両立、新規格Mini-STX採用パソコン。
  • Mini NUC-S5
    (+税)
    超コンパクトPCのスタンダードモデル、画像や動画の編集もOK。
  • Magnate IM
    (+税)
    ドスパラ人気No.1スタンダードデスクトップPC。
  • Monarch GE
    (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • Slim Magnate IE
    (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適なスリムパソコン

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

Altair VH-AD3L

約7.9時間の長時間バッテリー搭載
ストレージ倍増の最新モデル

Windows 10 Home

Celeron N3450
インテル HD500
4GBメモリ

レビュー募集中

(+税)~

スペック詳細を見る

Altair F-13

持ち運びにも便利
13.3型液晶搭載モバイルノート

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Critea VF-AGK

見やすく操作しやすい大画面ノート
17.3型フルHD液晶搭載。

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る


ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。