365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

グラフィックボード(グラボ)の確認方法とその見方とは

パソコンに映像をキレイに映し出す役割を担うのがグラフィックボードです。
自宅のパソコンで高品質な映像や人気の高まっている3Dゲームなどを楽しみたい、そんな方も多いですよね。
そんな時、ソフトさえ用意すれば大丈夫かと言えばそうではなく、パソコンのスペックがソフトに追いついていなければ利用することはできません。
自分のパソコンのグラフィックボードがどうなっているのか、その確認方法について詳しくご紹介していきます。

グラフィックボード(グラボ)とは?

グラフィックボードとは、パソコン上で映像をキレイかつ滑らかに映し出すための役割を担っています。臨場感が味わえると話題の3Dゲームや高品質な映像鑑賞、CAD等の製図ソフトなどでの製作を行う際に必要となるものです。

グラフィックボードは元々パソコンに搭載されているものから、搭載のないパソコンもあります。搭載されていない場合、必要であればグラフィックボードを別途購入する必要があります。グラフィックボードの搭載がないということは、普通の映像も見られないのかというとそういうわけではありません。最近はマザーボードにグラフィック機能が備わっているので別途搭載されていなくても通常使いなら問題ないことも多いです。

グラフィックボードというワードに合わせてGPUというワードも出てきますが、これはグラフィックボードの頭脳を表します。パソコンの頭脳を表すCPUよりも、大きな量のデータを処理する能力が高いのが特徴です。GPUの性能が高い程、再生できる画像の品質は高くなります。

グラフィックボード(グラボ)の確認方法とその見方

現在持っているパソコンでグラフィックボードについて確認してみましょう。

グラフィックボードの確認はDirectX 診断ツールから確認することができます。

Windows 7ではスタートをクリックするとファイル名検索バーが出てくるのでそこから検索を行いましょう。
Windows 10の場合は、Windowsマークを右クリックすることでファイル検索を行うことができますので「dxdiag」と打ち込んで検索してください。
DirectX 診断ツールのウィンドウが出てくるはずです。

出てきた診断ツールのディスプレイタブを選択すると、デバイスの部分に現在のグラフィックボードの情報が表示されます。
ここでグラフィックボードのスペックを確認することができます。

グラフィックボード(グラボ)確認のためのDirectX 診断ツール、各項目の見方は?

続いてDirectX 診断ツールにある各項目の説明をします。

一番上に出てくる名前はグラフィックボードの商品名、製造元とはグラフィックボードを製造した会社です。
その次にあるチップの種類はGPUの種類です。
ここがGPUのスペックを表す部分です。
GPUを比較してグラフィックボードの性能を判断します。
メモリ合計とはグラフィックボード専用の容量です。
グラフィックボードの容量はパソコンの通常の容量を使用しません。
この容量が大きい程処理データをためておくことができるため、処理スピードも速くなります。
また、グラフィックボードの容量の増設はできません。
容量を増設したい場合、グラフィックボードごと交換しなくてはなりません。
これらの項目を見てグラフィックボードの性能を確認します。

自分のパソコンのグラフィックボードを確認できたら、使用したいソフトの推奨グラフィックボードを比較することになります。
グラフィックボードのスペックが足りない、その場合には推奨スペックのグラフィックボードを購入し交換しましょう。※グラフィックボードを交換できるのは基本的にはデスクトップパソコンです


グラフィックボード(グラボ)の確認方法や各項目の見方についてご紹介しました。
グラフィックボードはパソコンでエンターテインメントを満喫するためには欠かせないものです。グラフィックボードを確認するならぜひ参考にしてください。

投稿日:

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。