365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ブルーレイも対応!CDやDVDを使うドライブ「光学ドライブ」の使い方って?

普段何気なく使っているCDやDVD、ブルーレイを再生するためには、光学ドライブが必要です。
光学ドライブにはいくつか種類があり、使い方も違います。
意外と知らない光学ドライブの種類や光学ドライブについて、基本的な使い方など詳しく見ていきましょう。
これを知っておくだけで、今まで何気なく使っていたCDやDVDをより快適に使えるようになるかもしれません。

光学ドライブの種類って?

光学ドライブは、細かく分けると多くの種類がありますが、大きく分けると以下の3つに分類されます。

  • DVDコンボドライブ
  • CDを読み込んだり、データを書き込んだり、DVDを読み込むことができるドライブです。CDから読み込んだ音楽を再生したり、パソコンに入っている音楽などのデータをCDに書き込んだりすることができます。しかし、DVDを読み込んで観賞することはできますが、DVDへデータを書き込むことはできません。

  • DVDマルチドライブ
  • DVDマルチドライブは、3つの光学ドライブのなかでも、最も普及しているドライブです。DVDコンボドライブと違うのは、データをDVDに書き込むことができるところ。もちろん、CDを読み込んだり、書き込んだりもできるので、DVDコンボドライブよりも使い勝手が良いといえます。

  • ブルーレイドライブ
  • ブルーレイドライブは、CDもDVDもブルーレイも読み込んだり、書き込んだりできるドライブです。映像の鮮明なブルーレイを読み込んで鑑賞できるのは、映画好きな方は嬉しいのではないでしょうか。ブルーレイには書き込みできないブルーレイドライブもあるので、注意してください。

以上の3つに分けられる光学ドライブですが、パソコン本体に内蔵するタイプと、USBで接続する外付けのタイプがあります。

自分のパソコンのドライブはどのタイプ?知る方法って?

内蔵されている光学ドライブが、どのタイプなのかを知りたい場合、パソコンの説明書や仕様書を見る必要があります。「デバイスマネージャー」でも、知ることができますが、DVDマルチドライブを「DVD-RW」と表示しているので分かりにくいかもしれません。そのため、確実に光学ドライブのタイプを調べる方法は説明書や仕様書を見ることです。

光学ドライブの使い方って?

光学ドライブを使ってCDやDVDを再生するだけなら、ディスクを光学ドライブに挿入すれば、再生できます。しかし、書き込む方法はどのようにすればよいのでしょうか?
そんな方のために、光学ドライブを使ってデータを書き込む方法をご紹介します。

  • 空のディスクを挿入しましょう。
  • ディスクを読み込んだら、自動でメッセージが出る場合は「ファイルをディスクに書き込む」を選択。
  • 自動でメッセージが出ない場合は、マイコンピュータからドライブを開くことができます。

  • ディスクのタイトルを指定しましょう。特に指定はないので、好きなタイトルでOKです。
  • ディスクの書き込みに関して、以下のようなメッセージが出ます。
  • ※USBフラッシュドライブと同じように使用する
    ※CD/DVDプレイヤーで使用する

    「USBフラッシュと同じように使用する」は、ディスクにデータを書き込んだあとでも、データを削除したり追加したりできます。また、データの編集も可能です。

    「CD/DVDプレイヤーで使用する」は、追加での書き込みはOKですが、データを削除したり編集したりはできません。

    ディスクの種類によっては、「CD/DVDプレイヤーで使用する」しか選択できない場合もあるので、ディスク購入の前にはチェックしておきましょう。

  • ディスクの書き込み方法を選択したら、フォーマットを準備します。
  • 空のディスクのフォルダが自動で開くので、コピーしたいデータをフォルダ内に入れていきましょう。
  • コピーが完了したら、「セッションを閉じる」を選択すれば完了です。
  • このとき、画面の右下に完了のメッセージが出るので、確認しておきましょう。

以上でディスクへの書き込みができます。


光学ドライブの種類によって、使い方は多少異なりますが、基本的な使い方を知っておくことで、どのドライブにも対応できるようになります。また、ご自分のパソコンの光学ドライブがどのタイプかを知っておくことも、光学ドライブをより快適に使うには大切なことです。

投稿日:

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。