365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

メモリにも種類がある?DDR4のメモリは何が違うの?

パソコンのスペックについて、よく話題にされるのがメモリ。
「最近、パソコンが重いけど、メモリを増設しようかな?」なんていう話も耳にしますよね。
しかし、そもそもメモリとは?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
メモリにはどんな種類があり、どんな役目を果たしているのか、メモリ増設する場合は、どのメモリでも使えるのか、DDR3とDDR4の違いは、等、気になるけれど、今さら人には聞きづらい疑問点を抱えていらっしゃる方のためにメモリについて簡単にご紹介します。

メモリを増設する場合に注意すべきこと

パソコンを使用していて動作が重く感じられる場合、解決方法のひとつとして、メモリの増設をあげる人は少なくないでしょう。
もちろん、どのような問題でもメモリの増設で解決するわけではありませんが、たとえば2GBや4GBのメモリから8GBや16GBに増設すると、予想以上に動きが軽くなることがあります。

そもそもメモリとは何なのかというと、簡単に言えば、パソコンにある一時的な記憶装置ということになります。
メモリに保存された情報は、長い間、ずっと保存されるわけではなく、電源供給のある間のみ保存され、その後は消去されてしまいます。

パソコン内のメモリの容量が大きいと、一時的とは言え、記憶する場所が増えることになります。
反対に容量不足になってしまうと、記憶する場所が不足してしまいますから、パソコンの動作が遅く感じられるなどの問題が生じることがあります。

そこで、手持ちのメモリがあるから、今、使っているパソコンに、そのメモリを挿そうかな?と考えたとしましょう。
しかし、どんなメモリでも、すぐに使用中のパソコンに挿せるわけではありません。挿せるメモリの種類や本数はマザーボードによって異なるのです。
また、メモリを増設するときには、空きスロットがいくつ残っているのか、ということも確認しなければなりません。

DDR3とDDR4では互換性はない

メモリには種類があり、自由にどのメモリでも使えるわけではありません。
ところでメモリについて、DDR3とかDDR4という言葉を耳にされたことがあるのではないでしょうか?

さて、DDRとは何を意味しているのかというと、規格のひとつで、DDR-SDRAMを略したものということになります。
DDRはDouble Data Rate、SDRAMというのはSynchronous Dynamic Random Access Memoryのことを指します。

ところで同じメモリではあっても、DDR3とDDR4の間では互換性がありません。
そのため、自由自在に取り替えて使うようなことはできないということに注意してください。

基本的にDDR3とDDR4ではピンの数も違います。
DDR3の場合は、240ピン、DDR4では288ピンという違いがあるのです。

ですから、これまでDDR3のメモリを入れていたところに、容量を増やしたいからといってDDR4のメモリを購入してきて増設しようとしたり、入れ替えようとしたりしてもマザーボードに挿すことはできません。
もし、DDR3からDDR4に変更するのであれば、基本的にマザーボードから取り替える必要があるのです。

売れ筋のDDR4メモリは?

DDR3からDDR4に変更した場合、違うのはピンの数だけではありません。
処理速度にも違いがあります。

通常、DDR3からDDR4にすれば、処理速度が速くなるでしょう。
また、処理速度の違いだけではなく、省エネ性能についても違いがあります。
簡単に言えば、DDR4の方が省エネということになります。

それでは売れ筋のDDR4メモリにはどのようなものがあるのでしょうか?
例としては、CFDのW4U2133PS-8Gなどがあげられるでしょう。

また、Corsair CMK16GX4M2A2666C16も人気商品です。
CFDのW4U2133PS-8Gは9000円前後から、Corsair CMK16GX4M2A2666C16はそれより若干高く、1万円台からになりますが性能やコストパフォーマンスを考えると、どちらも良い商品と言えるでしょう。


DDR3とDDR4のメモリでは処理速度に違いがあります。
そのため、基本的にはDDR4のメモリを挿した方がパソコンの性能上がり、動きが快適になる、ということになります。
では、どのパソコンにでもDDR4のメモリを挿せるのかというと、マザーボードによって挿せるメモリが異なります。
さらに、メモリを選ぶときはマザーボードとの相性も考慮する必要があります。

更新日:
投稿日:

ページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。