365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

CMOS(シーモス)とは?

CMOSとは、BIOSに関する情報が記憶されたメモリのことです。
目に見えない部分なので、知らずにパソコンを使っている人も少なくはないでしょう。
ですが、BIOSの初期化でのエラーやパソコンが不具合を起こしてしまった場合、CMOSクリアを行うと解決する場面も多々あります。

CMOSって何?

complementary metal-oxide semiconductor(相補型金属酸化膜半導体)の頭文字を繋げたものがCMOS(シーモス)です。

CMOSは、パソコンが起動する際に必要なパーツの一つ。その役割は、BIOSの設定値を保存することです。何の情報を保存しているかはマザーボードのメーカーで違ってきますが、一般的にはCPUのクロック数や内部動作倍率などです。CMOSは消費電力が少ないことも特徴の一つで、パソコン以外にもデジカメや携帯電話などの小型の電子機器に多く搭載されています。

システムLSIとしてのCMOS

システムLSIとは、マイクロプロセッサーや組み込み開発などの電子回路を1個に集積した半導体のことを指します。

小さな1つのチップのようなものを想像してみましょう。システムLSIは、そのチップの中に論理部分と記憶部分を持っています。論理部分で計算・処理した後、記憶部分で情報を記録するのです。

コンピュータのCPUを構成している基本回路には、CMOSが利用されているため、システムLSI=CMOSといっていいほどCMOSが普及しました。

CMOSの特長とTTLとの違いについて

CMOSとよく比較されるのがTTL(Transistor-Transistor Logic)。どちらも同じデジタルICですが、決定的な違いといえば基本構成が異なることが挙げられます。

CMOSの特長をご紹介しましょう。

一つ目は消費電力が少ないことです。

二つ目は動作速度が速いこと。これはTTLと比較した際に劣っていた部分でしたが、最近開発されたハイスピードCMOS(HCMOS)の登場で速度が改善されました。

三つ目はトランジスタのサイズをより小さくする研究が進んでいることです。サイズが小さくなると配線自体も細くなり、間隔もより狭くなります。つまり、配線パターンを複雑にすることが可能になり、より高性能なトランジスタが開発されます。

CMOSのクリアが必要なときって?

さて、冒頭でCMOSの役割はパソコンが起動する際に必要な内容を保存しているとご紹介しましたが、保存するには電池が必要となります。

あまり意識する機会がありませんが、実はパソコンにも“電池切れ”が存在するのです。

電池の残量が減ってくると、起動するたびに時計がリセットされたり、電源を入れても設定が出来ず、起動しないという状態に陥ります。
そこでCMOSクリアを行います。

CMOSクリアとはCMOSへの電力を一度断つことでBIOSの情報をクリアすることです。

自分でチャレンジ!CMOSクリア方法

自分でチャレンジ!CMOSクリア方法

まず、パソコン本体から電源ケーブルを抜きましょう。

次に、CMOSに電気を送るために付いているボタン電池をマザーボードから外します。そして、マザーボードに残っている電気をショートさせて、使い切る作業を行ってください。そのためには、CMOSクリア用のジャンパ(ピンヘッド)もしくはランド(ハンダの盛り上がり)を見つけましょう。
ジャンパの場合は、一度抜いて右側に挿して数秒待ちます。

ランドは、マイナスドライバーを使って2つの接触面を繋げるとショートできます。作業中は必ず静電気に気を付けること、そして触った部品は元の状態に戻しておくようにしてください。
※故障に繋がることもありますので自己責任で行ってください。


CMOSの基本的知識から特長、CMOSクリアの方法までご紹介しました。CMOSクリアの知識があれば、パソコンのトラブルが起きた際に自分で対応できる場合もあるかもしれません。また、今回ご紹介したCMOSクリア方法は一般的なものなので、メーカーや機種によって異なる場合もあります。マニュアルがある際はそちらを参考に対応してください。

投稿日:

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。