365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ドスパラ社員によるパソコンあれこれ PCパラダイス

ドスパラ社長 西尾「そうだ!超ハイエンドパソコンを自作しよう!」~パソコン組立編~

ついにハイエンドパソコンの組み立てを開始!でもその前に…

ドスパラ社長 西尾伸雄が高性能PCを作るというこの企画。

前回まで、高性能グラフィックカード「GeForce GTX 980」をベースに超ハイエンドパソコンのパーツ選定を行いましたが、

「これは“超”ハイエンドではない」「超ハイエンドの意味知ってるのか?」というご指摘や、担当(勝亦)がマラソン大会に参加などの諸事情によって、記事化のスケジュールが延び延びになり・・・

そうこうしているうちに

更なる高性能グラフィックカード「GeForce GTX 980TI」が発売されました。


PCパラダイス記事担当 広報 勝亦 健太(かつまた けんた)

■前回までに選定したハイスペックパーツたち
-----------
【CPU】 Intel Core i7-5930K
【CPUクーラー】 ENERMAX ETS-T40-TB
【CPUグリス】 親和産業 ICD7C
【マザーボード】 ASRock X99 Extreme6
【メモリ】 Crucial CT4K4G4DFS8213 2セット(DDR4 4GB×8枚組)
【ビデオカード】 Palit GeForce GTX 980 Super JetStream ×2枚組
【SSD】 Kingston SHPM2280P2/240G (M.2接続 240GB)
【SSD2】 SanDisk Extreme PRO SDSSDXPS-480G-J25 (SATA3接続 480GB)
【HDD】 HGST 0S03667 (SATA3接続 4TB)
【ブルーレイドライブ】 Pioneer BDR-209JBK
【電源】 ENERMAX EPM850EWT (80PLUS PLATINUM 850W)
【PCケース】 CORSAIR CC-9011059-WW
【OS】 MS Windows8.1 Pro Update 64bit (DSP)
-----------

やってしまった・・・

しかしながら、せっかく集めた高性能パーツたち・・・組み立てない訳にはいきません!

という事で、前回まで選定していた「GeForce GTX 980」ベースの構成でPC組立を行いましたので、ぜひご覧ください!

【ドスパラ社長 西尾「そうだ!超ハイエンドパソコンを自作しよう!」~パソコン組立編~】

今回は高性能グラフィックカード「Palit GeForce GTX 980」をベースとしたゲーミングマシンを作成!

グラフィックカードは2枚組のSLI構成。ストレージにも高速M.2接続のSSD

「Kingston SHPM2280P2/240G」を搭載するなど、

4Kのような重い3Dゲームでも楽々動作できるハイスペック構成となっている。

「なるほど!ぜひ紹介してくれ!」

パソコンを組み立てる前に準備を!

パソコンを組み立てる前に用意しておきたい道具をご紹介!

---------------------
ドライバー
絶縁手袋
ニッパー
結束バンド
---------------------

パソコンの組み立てはドライバーがあれば問題ないが、絶縁手袋やニッパー、結束バンドがあると大変便利。ドスパラで提供している「自作セット パーツの犬モデル」なら一式ついてくるので是非ご検討を。 また、作業スペースは広めに用意し、静電気が発生しやすい物は遠ざけよう。

それでは組立開始!

まずはマザーボード周りから組み立て

まずはマザーボード周りから組み立てを始める。この時静電気に注意して絶縁手袋などを用意しておこう。マザーボードには尖った端子が付いているので、怪我にも注意!

【マザーボード】 ASRock X99 Extreme6

マザーボードを取り出したら、CPUの取り付けを行う。パソコン自作の中でも、特に慎重に行いたいのがこのCPUの取り付け。マザーボード側のピンを折ってしまったり、異物を挟み込んでしまうと故障の原因になるので慎重に行おう! CPUを置くときは、ソケットと切欠きの位置があっているか確認することも忘れずに!

【CPU】 Intel Core i7-5930K

続いてCPUグリス・クーラーの設置。CPUグリス塗ったら、押して伸ばすように設置する。この時ホコリなどの異物が入り込まないように注意!

【CPUグリス】 親和産業 ICD7C

CPUクーラーを乗せたら、マザーボードに固定する。CPUクーラーの固定は、ソケットによって固定器具が変わるので要注意! 間違ったものを使うと、固定できなかったり壊してしまう可能性がある。説明書をよく読んで作業しよう!今回はLGA2011対応の固定器具を使用。

【CPUクーラー】 ENERMAX ETS-T40-TB

続いてメモリを設置。メモリの設置は簡単なようで間違えやすい。よくあるのは、挿し込みが甘くて認識しないというパターン。端子部分がしっかり入っているか目視しながら設置しよう! カチッと音が鳴るまで挿し込む

 

【メモリ】 Crucial CT4K4G4DFS8213 2セット(DDR4 4GB×8枚組)

PCケースの準備

マザーボード周りのパーツを取り付けたら今度はPCケースの準備。今回は『CORSAIR CC-9011059-WW』を用意。ゲーミングPC向けのケースで、HDDやDVDドライブをドライバーを使わずに取り付け可能。お手軽に組み立てることができる! サイズも大きいので作業しやすいオススメケース。

【PCケース】 CORSAIR CC-9011059-WW

まずはPCケースに電源を取りつける。ケース底面から吸気できるので、電源のファンを下向きに設置し底面吸気仕様に!

【電源】 ENERMAX EPM850EWT (80PLUS PLATINUM 850W)

続いて先ほど組み立てたマザーボードを組み込む。マザーボードをケースに入れる前に注意点が2つ!

1.PCケースにスペーサーを設置・確認しよう!

スペーサーとはPCケースとマザーボードをつなぐ部品。これがないとマザーボードをしっかり固定できないばかりか、無理な力がかかって壊してしまう可能性がある。ネジ穴の位置と共に必ず確認しよう!

※今回のPCケース『CORSAIR CC-9011059-WW』は標準で設置済み。

2.バックパネルを取り付けよう!

マザーボードを設置する前にバックパネルを取り付けよう。忘れるとマザーボードを取り外さなければならないので面倒なことに・・・

問題なければネジ穴を確認し、マザーボードを設置。無理な力がかかっていないか確認しながらネジ留めしよう!

グラフィックカード、ドライブ類の取り付け

グラフィックカード、ドライブ類の取り付け。グラフィックカードは冷却ファンの大きさが様々なため、購入する前にケース内に収まるサイズか確認しておこう。今回は、大型のケースなのでサイズは問題なし。

挿し込む場所は、マザーボードのPCI Express x16スロット。メモリ同様端子がしっかり刺さっているか確認しながら作業しよう!

【ビデオカード】 Palit GeForce GTX 980 Super JetStream ×2枚組

ドライブ類も、繊細な電子機器であることには変わりないので丁寧に作業しよう! うっかり落とすと故障してしまうので注意。

設置の際に気を付けたいのが各ドライブの位置。なるべくケーブルの本数が少なくて済むよう、ドライブの向きや位置を調整しよう。また、ドライブとマザーボードをつなぐSATAケーブルは、折り曲げると断線してしまう可能性がある。余裕を持った配置を心がけよう。

【SSD】 Kingston SHPM2280P2/240G(M.2接続 240GB)

【SSD2】 SanDisk Extreme PRO SDSSDXPS-480G-J25 (SATA3接続 480GB)

【HDD】 HGST 0S03667 (SATA3接続 4TB)

【ブルーレイドライブ】 Pioneer BDR-209JBK

組立の最後は配線作業

配線は非常にたくさんの線がありややこしい。電源、データ、ファン、ケースなど分けて作業しよう! 配線が完了した部分は結束バンドでまとめると、見た目もきれいにできる。今回はケースサイズが大きいので裏配線を行った。ケースの裏を通して配線することで表側がすっきりし、通気性が良くなるというメリットもある。

配線が終われば組立完了!!

ついに組み立てが完了したハイスペックPC でもやっぱり物足りない?

勝亦「企画から随分かかりましたが、やっと完成しましたね!社長!」

西尾「・・・」

勝亦「社長?」

西尾「GTX 980で組み立てたけど、やっぱり物足りないよね・・・よし!ここをこうして・・・」

西尾「こうだっ!!」

え、ええっー!!

「GeForce GTX 980」が、最新の「GeForce GTX 980TI」にパワーアップしてる!!!

さすが社長!!

超ハイエンドPCと書いてしまって混乱を招いたりしましたが
祝・無事完成!

というわけで、ハイスペックパソコン組立完了!!

というわけで最終的に、最新の高性能グラフィックカード「GeForce GTX 980TI」2枚指しSLI構成となりました。これならよりハイスペックを求められる作業も楽々こなせますね!

今回組み立てたパソコンは、OSをインストールした上で、秋葉原のドスパラパーツ館にて展示中です。

最終的なパーツ構成はこちら!

-----------
【CPU】 Intel Core i7-5930K
【CPUクーラー】 ENERMAX ETS-T40-TB
【CPUグリス】 親和産業 ICD7C
【マザーボード】 ASRock X99 Extreme6
【メモリ】 Crucial CT4K4G4DFS8213 2セット(DDR4 4GB×8枚組)
【ビデオカード】 Palit GeForce GTX 980Ti Super JetStream ×2枚組
【SSD】 Kingston SHPM2280P2/240G (M.2接続 240GB)
【SSD2】 SanDisk Extreme PRO SDSSDXPS-480G-J25 (SATA3接続 480GB)
【HDD】 HGST 0S03667 (SATA3接続 4TB)
【ブルーレイドライブ】 Pioneer BDR-209JBK
【電源】 ENERMAX EPM850EWT (80PLUS PLATINUM 850W)
【PCケース】 CORSAIR CC-9011059-WW
-----------

 

今回のパソコン組み立てをご覧になって、「パソコンを自作してみたい」「挑戦してみたい」と思われた方は、ぜひパーツの犬監修の「自作パソコンキット」をご検討下さい! 簡単、低価格の家庭用モデルから、高性能グラフィックカードを搭載したゲーミングモデルまで幅広く取り揃えています。

ドスパラはみなさまのパソコンライフを全力で応援いたします!!!

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。