最短当日出荷!!3月納品間に合います パソコン通販 ドスパラ

顧客の邪魔にならないコンパクトPCを活用し沖縄データセンターでデータを安全に運用

日本流通システム株式会社

Intel Core i3を搭載した小型PCを採用

日本流通システム株式会社

JCS

設 立 1990年8月16日
本社所在地 大阪府大阪市中央区北浜東1-8 北浜東森田ビル2階
概 要 トータル物流システム、医療・福祉システムなど各種システム開発から運用保守まで、トータルにビジネスをサポート。開発担当者がアプリの保守を担当する運用体制により、問題解決がスムーズで、柔軟性の高いサービスを提供している。
ホームページ http://www.jcs-ltd.com/index.html

システム開発から運用・保守に至るまでトータルなサービスを提供する日本流通システム。近年の災害対策ニーズの高まりを受け、iSCSIイニシエーター/ターゲットを活用した「クラウド・ストレージサービス」を開発した。iSCSIイニシエーターを顧客オフィスに置くため、コンパクトかつ高性能なPCを求め、DiginnosMiniNUC-CNを選択。顧客の邪魔にならず、安全で使い勝手のよいストレージサービスを実現した。

課題

  • 東日本大震災以降高まる顧客のバックアップニーズに応えたい。
  • 顧客オフィスに設置するためコンパクトかつ高性能なPCが必要。

▼

解決

  • iSCSIイニシエーター/ターゲットによりDCへ迅速にバックアップ可能。
  • Intel Core i3搭載ながら手のひらサイズのDiginnosMiniNUC-CNを採用。

導入製品

Diginnos Mini NUC-CN

抜群の省電力性を備えた手のひらサイズの超小型パソコン

Diginnos Mini NUC-CN

インテルの超小型ベアボーンキットNUCD34010WYKを採用した超小型パソコン。
CPUは、インテル Core i3-4010U(デュアルコア/HT対応/定格1.70GHz/L3キャッシュ3MB)、PC3-12800規格の4GB DDR3L SO-DIMM(PC3-12800/4GB)を1枚搭載し、SSD 120GBをmSATAにより接続。インテルHDグラフィックス 4400(CPU内蔵)を装備する。

導入の背景

iSCSIイニシエーターを客先に置くためコンパクトかつ高性能なPCが必要

日本流通システムは、システムインテグレーション事業とデータセンター事業を2本柱に、さまざまな業種の多岐にわたる顧客に対し、各種システム開発から運用・保守に至るまでトータルなサービスを提供している。システム開発から保守まで同じ担当者が対応する一貫性に強みを持ち、地震が少なく本州から遠く離れた沖縄にデータセンター(DC)を持つことで、顧客データの保全にも大きく貢献してきた。東日本大震災以降、顧客の災害対策ニーズは高まる一方で、同社の沖縄DCの存在感も増している。

同社では、その強みをさらに活かすため、新たなサービスの開発を模索し始めた。まず、高いバックアップニーズを背景に、沖縄DCへ高いコストパフォーマンスで迅速なバックアップを行うため、iSCSIの活用に注力。さらに、iSCSIイニシエーターを顧客オフィスに、ターゲット(コントローラーおよびストレージ)を沖縄DCに配置するというシステムを実現することで、顧客オフィスのストレージを沖縄DCへ移す「クラウド・ストレージサービス」を発案した。iSCSIイニシエーターはターゲットとなるコントローラにアクセスする入口となるサーバーであり、ストレージがどこにあっても、あたかも手元にあるかのように操作できるようになる。同社の三宅 寛 氏は、「イニシエーターを顧客フロアに置くことで、通信負荷の掛かる共有サービスなどをイニシエーターに任せられるようになり、直接接続する(NASを沖縄DCに置いた場合)より格段にアクセスが速くなります。そのためには相応の性能をもったPCが必要です。しかし、せっかくストレージがなくなったお客様のオフィスに大型のサーバーを入れるわけにはいきません。そこで、Intel Core iプロセッサーを搭載した小型のPCを探し始めました」と語っている。

三宅 寛 氏

導入のポイント

極めてコンパクトなボディと満足のいく性能を評価

さまざまなPCを調査した結果、日本流通システムが採用を決めたのが、ドスパラが販売する手のひらサイズPC「DiginnosMiniNUC-CN」である。三宅氏は、「スティックPCでは熱暴走が怖い。また、CPUがATOMでは物足りません。迷っている頃ドスパラから新製品として紹介されたのが、Intel Core i3プロセッサーを搭載しつつ極めてコンパクトなDiginnosMiniNUC-CNです。これがベストだと思い、すぐに決めました。ドスパラとは設立当時から付き合いがあり、信頼感があったのも大きい。たとえば、Windows XPリプレース時期のモノがないなか、約1週間で40台のPCを揃えてもらいました。実は1カ月前から他のベンダーに頼んでいたのですが、一向に納期の確約がもらえずとても困っていたので、非常に助かりました」と語る。

また、基本的に24時間365日稼働し続ける機器なので、ドスパラのPCの信頼性も選択のポイントのひとつであった。そうはいっても故障のないハードウェアはないので、万一を考えて、実際にはすぐ入れ替えられるよう2台体制で運用している。

iSCSIによる「クラウド・ストレージサービス」のイメージ

「バックアップのケース」ではなく「NASの代わりとしてリアルタイムにファイルアクセスするケース」の場合、容量の大きなファイルはキャッシュに載るまではどうしてもアクセスに時間を要する。そこで、使用頻度の 高いファイルを朝の起動時にキャッシュに載せるなど、ユーザーができるだけストレスなく利用できるよう工夫を施している。
また、同社から遠隔監視も実施しており、問題が起きればすぐに対応する。

なお、ドスパラはターゲットとなるコントローラおよびストレージも、要件に合わせたオリジナル製品を作成し提供している。

DC格納のストレージ

導入効果

操作感はそのままに社内のNASが不要に ランサムウェア被害からの迅速な復旧も

現在同サービスを導入済みの顧客は数社だが、社内で一定のスペースを占有していたNASがなくなり、データは遠隔地に移動しながら、手元にあるのと変わらない操作性を実現した同サービスに対する評価は高い。三宅氏は、「まず本社で試して満足いただき、他の拠点でも導入いただいたお客様もいらっしゃいます。また、たまたまファイルが暗号化されてしまうランサムウェア被害に遭ったお客様がいらっしゃったのですが、DC側でとっていたバックアップデータを戻し、一時的に別のイニシエーターからアクセスして戻しました。感染が進行してしまうと戻すのは無理ですが、すぐに気が付けば簡単に元に戻せる点もメリットです」と語っている。

今後の展開

ドスパラと共に同サービスを拡販。モバイル端末のストレージサービスも検討

日本流通システムは、今後ドスパラと共に、この「クラウド・ストレージサービス」を拡販していく予定。ドスパラの優れた製品力と柔軟で迅速な対応力だけでなく、営業力にも期待している。

さらに、新たなサービスとして、i S C S Iイニシエーターを用いたWindows Phoneのストレージサービスも構想している。三宅氏は、「iSCSIイニシエーターのソフトウェアとネットワーク回線さえあれば、ダイレクトにストレージにつながるので、場所を選ばず大容量ストレージを手軽に使えるようになります」と期待を語る。

ユニークな視点で、新たな顧客ニーズに応えるサービスを開発し続ける同社は、これからもドスパラと共に、優れたサービスを提供していくことだろう。

大口購入や納期のご相談はお気軽にお問い合わせください。

受賞履歴

2013 Microsoft Worldwide Partner Award サードウェーブは「2013 Microsoft Worldwide Partner Award」において受賞社として高い評価をいただきました。
詳細はこちら
サードウェーブは「インテル ソリューション サミット2008」にてアワードを受賞いたしました。 サードウェーブは「インテル ソリューション サミット2008」にてアワードを受賞いたしました。


サードウェーブは、「インテル・テクノロジー・プロバイダ・プレミアム 」「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」「AMDソリューションプロバイダ プラチナム」として認定されています。 サードウェーブは、「インテル・テクノロジー・プロバイダ・プラチナ」「マイクロソフトパートナープログラム Gold OEM」「AMDパートナープログラム プレミア」として認定されています。


ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。