365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

Prime Monarch XT

プライム モナーク XT

基本構成スペック
第2世代インテル® Core™ i7-2600 プロセッサー
NVIDIA® GeForce® GTX560 Ti 1GB
8GB メモリ ⁄ 1TB HDD
商品詳細はこちら
Prime Monarch XT
第2世代インテル® Core™ i5 プロセッサー

第2世代インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Prime

第2世代インテル® Core™ i7 プロセッサー第2世代「インテル® Core™ i7 プロセッサー」を搭載。クアッドコア + 「インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー」による 8 つのプロセッシング・スレッド(※)、8MBの共有L3キャッシュなどこれまでの「Core i7」シリーズ共通の特徴に加え、TDPを超えた高クロック動作を実現する「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」、最新ストレージインターフェース SATA 6Gb/s(SATA3.0)、CPUに直結したグラフィックス・インターフェースなど、最新の技術を満載。快適な動作を約束する最新の「Prime」です。
※ ハイパースレッディング・テクノロジーは Core™ i7 のみの搭載です。Core™ i5 には搭載されません。

クアッドコア + インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーによる 8プロセッシング・スレッド ※

1 つの CPU に 4 つのプロセッシングコアを搭載し、それぞれのプロセッシングコア上でスレッドレベルの並列性を実現する「インテル®・ハイパースレッディング・テクノロジー(HT)」を搭載。OS からは 8 コアとして認識されるこのテクノロジーにより、動画や音楽のエンコード、RAW 画像の現像や、ウイルススキャン・バックアップなどのバックグラウンドプログラムが動作している状況での作業がより快適になります。

※ ハイパースレッディング・テクノロジーは Core™ i7 のみの搭載です。Core™ i5 には搭載されません。

さらなる高クロック動作で快適に

マルチスレッドに非対応のプログラムや、同時に起動しているプログラムが少ない場合など、スレッド数よりも動作周波数が必要となる状況では、稼動コア数を減少させた上で動作クロックを引き上げる「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」を搭載。従来、マルチコアプロセッサの弱点とされてきた少タスク時の動作をこの技術によって克服し、どのような状況でも快適な動作を実現します。さらに、今回の「ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」では、発熱に余裕がある状況ではTDP(熱設計電力)を超えた高クロック動作も可能。特にアイドルに近い状態からのプログラムの起動や、短時間の処理を繰り返すフォトレタッチ、事務処理に有効です。

高速 SATA 6Gb/s(SATA3.0)搭載

比較グラフハードディスク、SSD用の内部インターフェースとして、従来のSATA 3Gb/s(SATA2.0)と比較し2倍の転送能力を持つSATA 6Gb/s(SATA3.0)を2つ搭載。社内のテストにおいて、カスタマイズにて選択可能な対応SSD搭載時にシーケンシャルリード(連続読出)約320MB/sと、H55チップセットのSATA 3Gb/s接続時と比較して約24%のスピードアップを記録。Windowsの起動はもちろん、プログラムの起動、大量の写真の読込・表示やファイルコピーなど、様々な場面で快適な動作を実現します。

インテル
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Centrino、Centrino Inside、Centrino ロゴ、Intel Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Viiv Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。

ページTOPへ

※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。