■CPUファン

CPUから発生する熱を冷やすのがCPUファンです。
CPUは動作すると発熱します。そして温度が上がり過ぎると本来の性能が発揮できなくなったり、パソコンが強制終了したりしますので、常に冷やし続ける必要があります。

■ドスパラオススメのカスタマイズ

●静音パックまんぞくコース

プロがケースに合わせて選んだ最適解。

POINT 1 静音性の向上

低速回転ファンの採用で、動作音を大幅に低減。 特に「静音パックまんぞくコース」では、大型ファンを採用することで、風量も落とすことなく静音性を確保しています。

POINT 2 冷却性能の向上

ヒートパイプを搭載した超大型のヒートシンクは、エアフローを妨げないよう、ケースにあわせた最適なサイズが採用されています。
ノーマルCPUファンとは見るからに異なるそのヒートシンクの大きさで、ノーマルCPUァンでは絶対に不可能な高い冷却性能を獲得しています。

すこしの贅沢で、それ以上の快適さが手に入る。それが静音パックまんぞくコースです。
※「静音パックまんぞくコース」は、超大型ヒートシンクを採用しているため、一部のケースではご選択いただけません。


●静音パックまんぞくコースLite

ノーマルCPUファンよりも動作音の少ないCPUファンと大型ヒートシンクに変更します。
低価格ながら高い静音性が手に入ります。


●ノーマルCPUファン

ノーマルCPUファンは、多様なパソコンに設置が可能なようコンパクトに設計されています。 そのため、大型の静音ファンに比べ、回転数が高めに設定されています。


●水冷パック

ポンプ一体型の小型ヘッドとラジエーターに大型12cmファンを搭載しています。
冷却液を使うことにより効率的にCPUの温度を下げることができます。


※モデルにより選べないCPUファンがございますので、あらかじめご了承ください。